息子との出会い

いまだに自分が「母」になったことが信じられないような、不思議な感覚がある。
けれども息子との関係でいえば、わたしは絶対的に「母」なのだ。
そのことを本当の意味で感じたのは、息子が生まれた直後のことだった。

分娩台にあがってからも結構な時間苦しんだのち、ようやく息子は誕生した。
その瞬間は感動というより、無事に出てきてくれてほっとしたの一言に尽きる。
そして長い間の妊娠期間・出産の全行程がようやくこれで終わったんだと。

その後母子ともにそれぞれの処置をすませ、助産士さんがわたしのもとに息子をつれてきてくれた。初の対面に心が震える。
さっき本当にちらっと姿を見たけれど、自分も意識がもうろうとしていたので何かを感じる暇もなかったのだ。

そしてそれはおこなわれた。
助産士さんが息子をわたしの胸にうつぶせにおいて、頭をがしっと押さえつけながらおっぱいを吸わせたのだ。
目もあいていない、ひよひよの息子。
なのにわたしのおっぱいを当然のごとく探し当て、一生懸命しがみついている。
なんという生命の神秘。自然の摂理。
心の中でひたすらうぉーと叫び続けた。

産後二日目、母子同室を推奨していたその病院で、はじめて息子と一緒に夜を過ごした。
この子の命は私にかかっている(もちろん何かあればすぐナースコールできるけど)という
ものすごい使命感を抱きながら、小さな寝息にどきどきした。
自分も休息を必要とする身なので、ベッドでうつらうつらする。
でも、ふぇっふぇっとたよりない小さな泣き声がすると急いでとびおきて、ワゴンケース型のベッドをのぞきこみ、息子を抱き上げる。

母乳というのは、おっぱいを吸われることによって生産されるので、たとえでていなくても吸わせないといけない。粉ミルクを準備して、おむつを替え、そして、息子を抱きかかえる。
看護士さんもいなくて二人きり。
でも息子はやっぱりちゃあんとわかっていて、一生懸命ちゅうちゅうしている。
その姿のなんて可愛らしく神々しいこと。
わたしも何もかも初めてのことなのに、なぜかよくわからない自信にあふれていた。

そして息子はミルクをごくんごくんと飲み、すっかり満足してまた眠りについた。そんなことを数回繰り返した一晩。

あの夜のことはきっとずっと忘れないと思う。


c0085983_21495831.jpg
[PR]
# by crystalwise | 2006-09-01 12:06 | 子育て

おでかけ

c0085983_1133193.jpg

わたしは、普段からあまりでかけるほうではない。
用事がないのにでかけるなんてしないし、ましてや暑い日がつづいている時なんて、平気で何週間も家にこもっている。
だから、産後しばらくは外出できないなんて苦でもないはず・・・だったのに。

やっぱり、その気になればでかけられる、というのと、
でかけたくてもでかけられない、というのとは違う。
そもそも家にいても気楽な一人の時間をすごしているわけではなく、おっぱいとおむつの無限ループの日々なら、なおさらである。

家族3人での外出ならそれまでに何度かしていたので、息子が2ヶ月をすぎたころ、
えいやっとスリングで初の母子おでかけに挑戦した。
近所ではあったけれど、子どもを抱え荷物を持って電車にのるということが、とてつもない
大冒険に思えた。
おむつを替えたり、おっぱいをあげるのも外でならまた新鮮。

その後スリングでの外出にはすっかり慣れ、今や息子も8キロ近くになったので、とうとう
ベビーカーデビューをした。

ベビーカーでのおでかけは、また違った体験である。
階段を何段も上り下りする、ということさえなければ、体力的にはかなり余裕をもって色々なところに行ける。
反面、いつも密着していた息子の顔が見られないのがさみしい。
ちょっとした様子の変化にも敏感でいられたのに少し心配。
でもそのまた反面、息子の目の前にはこれまで見たことのない景色が、次々とひろがっているんだよね。

このあいだは、早起きして近所の公園をとおりぬけてパン屋さんに行った。
わたしは楽しかったんだけど、息子はどうだったんだろう。
[PR]
# by crystalwise | 2006-08-15 01:15 | 子育て

5ヶ月間のあゆみ

今日で息子は5ヶ月になった。
短かったような、長かったような。
寝顔をみていると、この子がここにこうしてちゃんと存在していることが
まだ時々信じられない。

はじめは豆粒みたいだったのが、だんだん手足がわかってきて
どくどく動いている心臓がみえて、そのうち指なんかもはっきりしてきて。
もこもこお腹が波打つのはおもしろかったなぁ。
でも、なんだか実感がわかなくて、組み立てたばかりのベビーベッドに
真っ白なベビー服をおいて、いろいろ想像してみたっけ。

そして、息子は、長い時間かけてようやくこの世に産まれてきた。
あのときの感覚は本当に不思議なものだった。
目の前にある確かなかたち。こんな顔してたんだ。

・・・と感慨にふける間もなく、果てしないおっぱい&おむつの繰り返しで
睡眠不足の最初の数ヶ月は、なかなかつらかった。
常にスイッチが入っている状態だからか、妙にハイテンションで
心底休める時がない。

でもいつのまにか、あんなにたくさんしていたうんちの回数が減って、
夜寝る時間が増えて、おっぱいの間隔もあいてきた。
初めの頃の頼りなげな表情は、しっかりと喜怒哀楽をみせるようになって
もう一人前。

こんなふうに息子が大きくなっていくことが、ちょっぴりこわいけれど
ものすごく楽しみでもあります。

c0085983_04502.jpg
[PR]
# by crystalwise | 2006-08-14 23:32 | 子育て

よだれかけ

最近、息子はよだれがすごい。

ガーゼは出産前からたくさん用意していたけど、そんなに使わないなぁと思っていたら、よだれがでるようになってあっという間に回転率があがった。

そんなわけで、以前から気になっていた「神楽坂ビブ・ギャラリー」のよだれかけを何点か 購入。
c0085983_1912665.jpg


このよだれかけはデザインが4種類ある。
どれも可愛らしいけれど、なんといっても色がきれい。
息子にはできるだけきれいな色にふれてほしい。
選んだのは(わたしが勝手に決めた)彼のテーマカラーのグリーン・イエロー・オレンジ。
男の子だからブルー、女の子だからピンク、という考えはまったくないし、もともと大好きな色なので、きっと似合うと思っていた。
不思議なもので、まだほんの小さな赤ちゃんなのに、もう似合う、似合わないがあるみたい。

では思う存分よだれてくださいな。
[PR]
# by crystalwise | 2006-08-13 19:07 | お気に入り

自分は変わったか否か

というわけで、さっそく現在の自分の状況について考えてみる。

今年の春に、はじめての子どもが産まれた。

妊娠期間は、自分の内部に小さな命が存在している不思議さと、どきどき感と、ちょっとした不便さを感じつつも、想像していたよりずっとアクティブに、楽しく過ぎていった。

出産は、とても時間がかかって、想像していたよりドラマティックな展開に。
9ヶ月近くお腹に入れていた子にようやく会えたときは、とにかくほっとした。
心配していた痛みは、想像していたよりもつらくなかった。痛かったけど。
どの過程もちゃんと思い出せるほど、落ち着いていたよう。

そして、あたらしい家族が増えた。
子育ての「大変さ」は、やはり想像していたものとはちがった。
大変は大変だけれど、その質が思っていたのとはちがうということ。
だから、なんとかやれているけれども、大変。
あるいは、大変だけれど、なんとかやれている。

こうして家で過ごす昼間も、もう一人ではなくて、いつも息子がそばにいる。
ごはん食べてても、掃除をしていても、パソコンにむかっていても、いつもそこにある気配。

じっとこちらを見てるけどなに考えてるんだろう?
笑いかけるといろんな笑いをかえしてくる。
ちびすけなのにすごいんだね。
不安を全身で表して、わたしをもとめてくる。
まってて、いま抱っこするからね。

結局わたしは、大きな意味ではあんまり変わっていないみたい。
なんというか、新しい家族が増えて、自分がもっとつよく、ゆたかになっていけそうなかんじ。
[PR]
# by crystalwise | 2006-08-11 17:52 | 暮らし

思いたってはじめました

今日は一日がとても良い感じに流れていくので、思いたってブログをはじめてみました。
子どもの頃から、日記と名のつくものは続いた試しがありません。
でも、パソコンならだいじょうぶかも。
日々のささやかな記録になればと思います。

c0085983_14563665.jpgc0085983_1550166.jpg
[PR]
# by crystalwise | 2006-08-11 14:56 | 思いつき