ただいま進化中

保育園に通い出してからやはりたくさん刺激を受けてくるのか、
なんでもかんでも言葉をマネしてしゃべりたがります。

今いえるのはこんな言葉(古い順)。

 まんま
 まま
 ぱぱ
 ぶ(車)
 わんわん
 にゃーにゃー
 ねんね
 め
 みみ
 じゅ!(前に言っていた保育園のこと)
 ちーじゅ(チーズ)
 けーき 
 くっく(靴) 
 かんかんかん(踏切の音)
 ぴーぽーぴーぽー
 びーる(夫婦とも酒飲みではないのですが、ギネスビールのおもちゃがあるため)
 こっち
 これ
 ちんちん
 ぱんつ
 うんち
 じょーじ
 じょう(象)
 ちーたー
 ごみ
 ぼーる
 おうち
 ぽんぽん
 おちゃ
 したあらい(←なんで?)
 たいや
 ぶた

まだ文章らしきものが言えないというか、お話しできないことについては全然心配していないので、このままのんびり見守りたいと思います。

昨日、保育園の先生が話してくれたところによると、
絵本にでてきたカバをさして「ひっぽ!」と言ったとのこと。
おうちで英語のなにかなさってるんですか~と聞かれました。
時々英語の絵本を読むこともありますが、基本的になんにもしてません。
でも前に行っていた保育園は一応英語をおりまぜての保育が実施されていたので
それかな~とも思うのですが、いや、でもたぶん違うと思う。
「きっとすてきな偶然です!」といったら大ウケされちゃいました。

真偽をたしかめるべく、家に戻ってから、どうぶつカードのカバの絵をさして「これなーに」って聞いてみました。思いっきり
「わんわん」
と言ってました・・・。
でももう一度きいてみたら「じょう(象)」とも言ってた。色が似てるもんね。
[PR]
# by crystalwise | 2008-04-25 13:56 | 子育て

ママ・ブーム再び

保育園に毎日通うようになってからの一番の変化は、
やはりなんといってもママ・ブームの再来です。

年末からずっと、パパ、パパと連呼していて、週末などママはまったくの無視!という状態が続いていたのですが、
保育園では日中ママともはなればなれで、ようやく空気のようだったその存在のありがたみ(?)がわかったのか、
ほんとうに久しぶりに「ママ」と呼んでくれるようになりました~

「ママ」
「・・・はい」

「ママ!」
「・・・はい!」

「ママ~!!!」
「はいっ!!!」

もう嬉しくって嬉しくって。
保育園から戻ってくると、しばらくの間はぺた~とくっついてきて、可愛いなんてもんじゃありません。

昨夜は夫が泊まりの出張だったので、息子と二人で寝たのですが、
寝そべって向かいあうと、私の顔をみてほほえむ。
そしてほっぺたをなでなでしてくれ、そのあとそっと顔を近づけてちゅう。
なんだこのテクは。
もうママはめろめろです。

でも、もちろんパパのことも大好き。
保育園に通い始めてしばらくは、夜パパとママが二人揃ってないと
なかなか寝ようとしませんでした。
かなり贅沢な寝かしつけですが、本当は親子3人一緒に眠れることって
このうえない幸せかもしれません。

そんなわけでこの蜜月をもうしばらく、できるだけ長く楽しみたいなと思っています。
[PR]
# by crystalwise | 2008-04-24 09:55 | 子育て

保育園生活スタート!

c0085983_11593686.jpg4月1日に入園説明会、翌2日からは、いきなり朝8時半~夕方5時までの保育となり、いよいよ息子の保育園生活がスタートしました。

入園式があるのかなと思っていたら、保育・生活の場なのでそういう形式ではないとのこと。




保育園に到着すると、まず手作りのおもちゃとクッキーのプレゼントを頂き、一番大きな部屋に全園児とあたらしく入園した園児および保護者・全スタッフが集まるなか、子どもたちが元気にかわいらしくお歌をうたって歓迎してくれました。

その後、子どもたちは年齢別の各部屋に。その間保護者もクラス別にいろいろな説明を受けました。
そのあと、子供のいる部屋に移動。そこで一緒に給食をいただきました。
他の同い年のお子さん方が食べきれずに残したりするなか、息子はほぼ完食、するのみならず、となりの子のいちごまで欲しがる始末。
保育園はぐずぐずしてると他の子にご飯たべられちゃうよーとふざけて言ってましたが、キミが食べるほうか!
普段着で、写真をとったりなどのイベントもなかったのは少々残念でしたが、楽しくすごしたひとときでした。

翌日の朝は、夫婦いっしょに保育園まで送りに行きました。
初日なので、いろいろとものをしまったりするのが勝手がわからず大変でしたが、なんとか終了。お布団カバーが指定より少し小さめに出来上がってしまったのを心配していたのですが、ちょうどぴったりの大きさでした。
息子は、なんだかわからない様子できょとんとしながらお別れ。
お迎えにいくと、いきなりの長時間でも平気だったようでした。

2日目、3日目の朝は、やっぱり少し泣いちゃいました。でもすぐに泣きやんだよう。
そして次の週の月曜日はもう泣かなくなりました。
現在4週目を迎えていますが、笑顔でバイバイしてくれたり、親そっちのけで先生のそばに駆け寄り、さっそく遊びに夢中になってたりします。
お迎えが遅くなった日も全然泣かずに、にこにこしているそうで、
これは1月から3月まで通った保育園での経験が大きいんだろうなと思います。
心配していた3時間のお昼寝も普通にちゃんとしているとかでびっくり!

さて、私のほうはと言うと、日中仕事をする時間が確保できるようになったはずなのに、なかなか仕事は思うようにすすみません。が、これも次第にペースがつかめてくるかと思います。

ちょっと楽しいのは、朝夕の送り迎えのときに、他の保護者の方たちと挨拶をかわすこと。
パパも多いし、外国の方もわりといます。
以前、この保育園は保護者どうしの関係もすごくよい、と聞いていたので、楽しい交流があればいいなと期待しています。
[PR]
# by crystalwise | 2008-04-22 12:04 | 子育て

入園準備

近所の公立保育園への入園が決まってただただ喜んでいた私でしたが、一抹の不安が。
それは、入園グッズの手作りが果たして間に合うのか・・・。

園によって違うと思いますが、我が家がお世話になる保育園では、下記のものが必要になります。

・ハンドタオル
・エプロン2枚
・パジャマ
・つばのある帽子
・上履き
(以上は市販品でOK)

・敷き布団カバー
・毛布カバー
・カバー&パジャマを入れるバッグ
・シューズバッグ
・連絡帳カバー
(以上はサイズ指定なので手作り?)

あとはもちろん、おむつやおしりふき、汚れ物を入れるビニールなどがあります。

エプロンは乗り物のイラストが可愛い一枚を追加で購入、パジャマは安心して眠れるようにお家で使っているものと同じサイズ違いを、帽子は1月から通っている保育園で購入したものを気に入っているのでそのまま、ハンドタオルは最後まで迷って、赤ちゃん時代に使っていたよだれかけの「神楽坂ビブギャラリー」のものをあらたに3枚購入しました。
上履きがなかなか大変で、バレエシューズタイプのものは14センチ以上しかなく、息子にはまだちょっと大きい。でも、ようやくネットでみつけた「教育シューズ」(すごい名前だ)の13.5センチで解決しました。

となると、やはり問題はカバーとバッグ類。
布選びで早くも挫折しかけていた私は、ハンドメイドはとにかく気力勝負!とみずからをふるいたたせ、ようやくイメージ通りの布およびその他の材料と裁縫グッズを3つの手芸用品店を駆け回って入手し、ミシンも実家から借りてきました。
そして、ついに完成したのがこちら!(注意:めずらしく写真いっぱいです)


c0085983_14535753.jpg

今回の手作りグッズは、息子がお気に入りのキュリアス・ジョージをモティーフにシンプルかつ面白く?がテーマです。気に入った布がなかなかないなぁと思っていたら、昨年子供服のブランドをたちあげてネットショップで展開している友人が、素敵な手芸用品店を教えてくれて、そこに行ったら、あっさりジョージ柄の布が何種類もおいてありました。
そのなかのひとつ、動物園でのジョージと黄色い帽子のおじさんが描かれた布でお布団カバーをつくり、端切れの柄をアップリケしてバッグ類をつくってみました。
写真はシューズバッグ(表)。表地は黒×白のストライプのデニム、裏地は黒×赤のドット柄です。アップリケは一番ポイントになりそうな柄をチョイス。


c0085983_14545667.jpg

こちらはシューズバッグ(裏)。息子は黄色いおじさんが大好きなので、おじさんの絵ばかり指さすのですが、これをメインにもってくるとなんだか微妙なかんじ。したがって、あとで余白に名前をいれてネームプレートのようにすることにしました。


c0085983_14345471.jpg

お布団カバーとパジャマを入れるバッグです。いわゆる通園バッグとちがって縦長のかたちが指定されています。ちなみに、バッグ本体と持ち手とでストライプの柄の方向を変えてみたのが自分では気に入ってます。
バッグは出来上がっていく過程がけっこう面白くて、一晩で両方つくれてしまいました。


c0085983_1435856.jpg

こちらのバッグの裏にもやはり黄色い帽子のおじさんが・・・。保育園でもおじさんを指さして喜んでくれるといいなぁ。


c0085983_14352842.jpg

お次は、連絡帳のカバー。これを一番最初につくりました。カバーのつくりかたってのがわからなくて、適当にミシンかけながら調整しつつやってたらなんとかそれっぽくなった。アップリケのロックミシンが斜めになってるのもご愛敬。
隣にいるのは我が家のジョージです。今ネットなどで見かけるジョージのぬいぐるみとはお顔が違うようだけど、何を隠そう、独身時代に現在の夫と出かけたゲームセンターのUFOキャッチャーで(なぜか得意)私が仕留めた戦利品です。


c0085983_14355934.jpg

特に指定されたものではなかったけど、つくってみた巾着。巾着つくるのなんて小学校以来だ。


c0085983_14361617.jpg

最後に。これがいっちばん苦労させられたお布団カバーです。たたんでしまっているのでわかりませんが、50×20センチの巨大な名前布つき。大きいので縫いづらかったし、スナップ付けも甘く見ていた。入園前日に、夫と二人で夜なべしました(泣)。


というわけで、本当に数十年ぶりのお裁縫は、なかなか楽しく、おもいのほか可愛らしくできあがったので良かったです。
でも夜子供が寝てからしか作業ができなかったのと、眠いのにミシンという問答無用の動きをする機械と格闘しなければならないので、ものすごく疲れました。
これを機にいろいろと作ってみようかな?と一瞬思うも、たぶん、やらないでしょう・・・。

ちなみにできあがった世界にひとつだけのジョージグッズ、息子はたいそう
気に入ってくれ、早速腕にかけて家の中でお買い物ポーズ。
母は徹夜したかいがあったよ。
[PR]
# by crystalwise | 2008-03-31 22:51 | 子育て

初・美容室

4月からの保育園生活に備えて、息子の髪を切らなきゃなぁと思っていましたが、これまで家でカットしてきたものの、動くし、いっぺんに出来ないしでもう限界かな、と。
息子は産まれたときから髪の毛ふさふさですぐにのびるので、ちょっと切らないでいると、夏は汗をかいたりして暑そう。
でも男の子のカットは全体を切るので、けっこう難しいんですよね。

そこで、この機会に美容室デビューすることにしました!

近所のお店に、夫婦でカットしてもらっている可愛いスタイリストさんがいるので、彼女にお願いすることに。

予約をして、何があっても対応できるようにお気に入りの車のおもちゃとお菓子を持参して、親子3人で美容室に到着。
まずイスに座らせてみて、ダメなようだったら親が抱っこしてカットということになりました。
初めて見たけれど、子供用にイスのアームにまたがらせてつけるベンチのようなものがありまして。
息子は一人で座っても案外平気そうだったのでそのままカット開始となりました。

c0085983_9444916.jpg


てるてる坊主にされてちょっと泣いてみる息子。
このケープ?がこわくてみんな泣くらしい。

次々と繰り広げられるハサミの動きをものともせず、息子殿はそのままじっとしている。おもちゃもお菓子も全然必要ありませんでした・・・。
ちなみにオーダーしたのは、前髪にクセがあるので自然にななめに流れるようにということと、とにかく短く!ということ。
幼児だけれど、髪を切るのには変わりなく、大人とおんなじ手順だったのには感心してしまった(あたりまえか)。

カット終了後、母のリクエストにより、シャンプー台で髪を流してもらうことに。
(だって細かい毛がちくちくしたらやだもんね)
でも、これも2歳なりたて時では普通やらないとのことでした。
息子はびっくりして泣いたけど、途中でお風呂で髪を洗ってもらっている時と
同じ体勢だと気づいたみたい?

そして、出来上がりはこんなかんじです。

c0085983_9521170.jpg


なんかいっちょまえで可笑しい。
カットしたてのパパのちっちゃいのみたいだ。

急にお兄ちゃんらしくなって入園準備も着々とすすんでおります。
[PR]
# by crystalwise | 2008-03-30 23:28

誕生日ウィーク

さて、2歳になった息子は、誕生日から一週間くらいにわたって、
なぜかちょこちょことお祝いされ続けておりました。

誕生日当日は平日でしたが、夫が有給をとってくれたので、
家族3人でランチをしました。
せっかくだからと息子が産まれるまではたびたび夫婦でおとずれていた
イタリアンレストランに行き、子連れOKか聞いてみたところ大丈夫とのこと。
「この子今日誕生日なんです・・・」と言ってみたら、ランチコースの
デザートをスペシャルバージョンにしてくれました!

c0085983_11285050.jpg


翌日の土曜日は、いつもイベントのときはケーキをお願いしている近所のお店でバースデーケーキを用意し、2本のろうそくをたててお祝い。
昨年はまだよくわかっていなかったであろう一連の手順も、
今年はそれなりに楽しんでいたよう。
真っ暗ななかにゆらめくろうそくの光をみて
「うわあ~」
と小さく叫んでおりました。
そのあと、なぜかたまたま近所にオープンしていたカーマニア専門ショップ(!)で購入した、ドアの開閉ができるミニカーをプレゼントしたところ、
こんなに喜んだおもちゃはないってくらい、それはもう気に入ってくれました。

その後も私の両親や、保育園などなどで誕生日を祝ってもらい、
「今日は特別ね」とかいって普段あんまり食べさせていなかった甘い物を
口にしていたら、「ケーキ」という言葉を覚えてしまいました・・・。
以来、なんか美味しそうな形状のものをめざとく見つけては
「ケーキ!」とすっとんでまいります。

またひとつ大人になったね(笑)。
[PR]
# by crystalwise | 2008-03-20 10:24 | 子育て

2歳になりました

我が家の息子もとうとう2歳の日を迎えました。
1歳の誕生日はもちろん感慨深かったのですが、
2歳というのも改めて感慨深い・・・。
「あかちゃん」から「幼児」になっていく過程で
どんどんいっちょまえの人間らしくなっていく息子の姿が頼もしいです。

1月、2月はせかせかと忙しく、息子とじっくりふれ合う時間がなかなかとれなかったので、
3月はなるべくそういう時間をとれるようにがんばってみました。
4月から保育園に通うようになれば、平日に二人で公園をお散歩したり、
街にお出かけしたりということはもうないんだな・・・と思うと無性にさびしい気もします。

外ではだいぶしっかりと長時間歩けるように。
息子はベビーカーが好きなので、基本的にでかけるときはまだ乗せているのですが、
近所であれば徒歩でももう大丈夫なのかも知れません。

おもちゃ遊びでは、積木の使い方が複雑になってきていてびっくり!
保育園では毎日もくもくとブロックなどで遊んでいるというのでそのせいかな。
積み上げた一番うえの積木を押さえながら回転させて、螺旋階段のような形にしてみたり、横一列に長く並べて、端っこの積木を押しながら部屋中をすべらせてみたり、見ているこちらも楽しいです。

それから、長い間ちょっとした悩みだった絵本についても、
いつのまにか成長していました。
私はほんとうに本を読むのが好きな子供だったので、いつか自分の子供にも寝る前に本を読んであげるのをそれは楽しみにしていたのです。
ところが、息子は1歳をすぎても、じっとお話しを聞く、とはほど遠い反応。
読んであげても勝手にページをめくってしまうし、好きなもの(車、果物系)がのっている箇所をずーっと見つめて叫んでいる。
この頃はみんなそんなものですよ、と保育園の先生に言われて、
心配することではないものの、ちょっぴり残念。
ところが、大好きなジョージの絵本を買って上げたら、しかもこれが結構物語が長いのだけど、私が読み始めるとすっとんできて、横にちょこんと座り、シンケンな顔で絵本に見入っている。
うわーおもしろーいと思いながら、母としてはとっても楽しく嬉しかったです。
(それにしてもジョージは袋を頭からかぶせられてアフリカから連れてこられたのか・・・)
[PR]
# by crystalwise | 2008-03-14 09:44

おおいに悩む

今日はひさびさにすっきりとした気持ちで過ごせた一日でした。
細かな雑事も含めて気を揉むような仕事が一段落したのと、
ずーっとずるずるひいていた風邪がようやく治りそうで、体力も回復中。
たまっていたいろんな家事を片づけてすっきりさっぱりです。

それにしても今週はおおいに悩んでしまったことが。
4月から保育園に通うための入園準備なのですが、
おそれていたほどの量ではなかったものの、やはり手作りグッズが何点かあります。
いや、ものによっては、手作りでなくても、ありあわせのものでも、買ったものでも、外注でもいいんですが、幸い今月はまだ時間があるし、ここはやっぱりハンドメイドで、と気持ちをふるいたたせた私。
ミシンなんて家庭科の授業以来だけど、手仕事は嫌いではないし、
むしろ妥協を許さない性格なので、やるからには納得いくものにしたい。

そんなわけで、ちょうど今通っている保育園のすぐ近くに、大型手芸用品店があるので、ちょっとリサーチのつもりで行ってきました。

売り場には、寸法のメモらしきものを手にした悩めるママたちがあちこちに。
ああ、私だけじゃないのね、となんか安心。
でも困ってしまった。

絶対手づくりしなければならないのは、寸法の指定がある(市販のものでは対応できない)お布団カバーなのですが、お昼寝とはいえ毎日肌にふれるものなので、できれば良い素材がいいなと思うのです。
無印良品のカバーリングなんかだと、「オーガニックコットン」とか、「高密度織」とかあるのでそういうイメージで店員さんに聞いてみたのですが、
いまいち反応が鈍い。
「コットンならなんでも・・・」みたいなお返事。

それよりなにより、入園フェアー的なコーナーに山積みされているのは
めまいがしそうなキャラクターものばかりで、隣り合うキャラどうしが互いに戦いを挑んでいるかのよう。「ポケモン対SHINKANSEN!」みたいな(一応知ってる)。
息子が好きならそれもよいのですが、どうも私の感性にマッチしないのと
そもそも息子も知らないので、キャラものは選択から除外です。
でもそうなると、素材がつくるものに適していて、かつ気に入った柄というのが、なかなかないんですよねぇ・・・。
小一時間ばかりうろうろと悩んだあげく、疲れてしまった私は、
それならいっそ・・・と別の場所に向かいました。

向かった先は、昨年末にオープンした、これまた保育園のすぐ近くにあるマリメッコ直営店。
さっきあまりに気に入るものがなかったので、もうマリメッコにしちゃえ!と半ば開き直ってファブリックのコーナーをみてみたのですが、息子が絶対夢中になるに違いない「BO BOO」という車のモチーフのファブリックが、実物を見たらなかなか良くて。
しかも応対してくれた店員さんは、甥御さんのベビー布団カバーを
これでつくってあげたとか。
これならすごくかわいいカバーになりそう。
でも値段がかわいくない。

・・・もう少し悩んでみようと思います。


c0085983_232043.gif

[PR]
# by crystalwise | 2008-03-08 23:06 | 子育て

内定通知

この数日間そわそわしていたのですが、ようやく今日わかりました。
昨年クリスマスに申請した、保育園の選考結果。

近くの公立保育園への入園が内定しました・・・・!
移動中に携帯をみたら、保育園からの留守電が入っていて、
帰宅したら、郵便でも通知がきていました。

うれしい。
ほんとうにうれしい。

申請にあたってはいろいろと苦労したので、
激戦と聞いていたし、もう無理かな・・・とも思っていたので。
春爛漫な気分です。

いま通っている保育園もとてもよいところなのですが、
いかんせん家から電車・徒歩合わせて30分かかる場所にあるというのはちょっとツライ。
4月からは仕事の内容も変わってくるので、
近所に通えるのはやはり助かります。

一番大好きな季節の春ですが、
今年の4月はいよいよ息子がはじめての旅立ちです。
[PR]
# by crystalwise | 2008-02-26 21:19 | 子育て

1歳11ヶ月になりました

いつもながら、数日遅れて気づきましたが、息子がとうとう1歳11ヶ月になりました。
もうすぐ2歳!

息子はホワイトデー生まれなので、将来お誕生日のお祝いと、バレンタインのお返しとは、
どのような関係になるのか?とちょっと心配していたりもします。

バレンタインの日には、私はいままであまり(というかほとんど)関わってこなかったのですが、さすがに可愛い息子にはチョコをあげたいなぁという気分になってしまいます。
今はまだ食べれないしね。来年からかしら。
14日の夜、夕食のときに息子が手の甲をしきりに指さしているので
なにかな?と見たら、通っている保育園の先生がどうやらハートマークと
メッセージを書いて下さったよう。
びっくりして、「うわぁ。すごいね。よかったね」とその場では感激していたのですが、
よく考えたら初バレンタインを奪われてしまった!
翌日連絡帳に御礼を書いたら、他のお友達の手にボールペンで絵が描いてあったのをみて、ぼくにも何か書いて、というジェスチャーをしたので、
意味はわからないだろうなと思いながらも描いてみました!という御返事でした。
この先生は、息子についていつもどきどきの素敵なコメントくださる、
夫婦のあいだでの「時の人」なので、あの先生なら許しちゃいます。

というわけで、息子の最近の様子。

・2月に入ってからは、保育園で朝バイバイするときも全然泣かなくなった。
だいぶ慣れてきた様子で、先生やお友達とも少しずつコミュニケーションをはかっているみたい。淡々とおもちゃで遊んでいるのは相変わらずらしく、どんな様子なのかものすごく見てみたい!
・ついに「こだわり」がはっきりとでてきた。
汚れたのでお洗濯しようといつも着ているジャンパーではない、違うコートを着せようとしたら怒る怒る!靴も然り。サイズアウトしたらどうするつもりなのよ・・・。
・まだあんまり語彙は増えてないですが、やりたいこと、してほしいことの表現ははっきり明確。こちらの言っていることもますますちゃんと理解しているよう。
・おもちゃでの遊び方に変化が。保育園に行っているせいかな。
片づけも可笑しいくらいに完璧。ついでにゴミ箱にごみも捨ててる(笑)
・LDKに多目的用においてあるスツールをあちこち移動させてはその上に乗っかって、今まで届かなかったものをさわりまくる。主なターゲットは大好きなみかんだけど、このあいだはロールブラインドのコードに首をかけていたらしい・・・。お願いだからそれだけはやめて。
・とにかく治ったとおもったらまた風邪をひいている。昨年末からずーっと鼻がずるずるいっています。保育園に通うとともに、小児科にも通ってるありさま。
そして、息子の風邪が私と夫に交互にうつり、家族全員でスリリングな日々を過ごしています。
[PR]
# by crystalwise | 2008-02-20 12:11 | 子育て