<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

パンツで過ごす時間(おうち編)

先週末はディズニーランドにいったりしたので、この土日におうちでじっくり
息子のトイレにつきあってみました。

保育園の先生もおっしゃっていたように、おしっこの間隔がかなり長いです。
そろそろかなーって思ってトイレにいく?と声をかけても「行かない」との返事。

たまにうまくのせてあげると行くのですが、便座に座ってもでなくて
「でない・・・」とすぐ降りちゃう。
トイレでの一連の作業は好きみたいで、律儀にやっています。

・トイレの前でズボンとパンツを脱ぐ
・息子用のトイレのサンダルをはく
・トイレ脇に設置した踏み台にのって
・補助便座のついたトイレに乗っかる
・おしっこでたあと、もしくはでなくてもしばらくしたら洗浄ボタンを押す。
・補助便座を片付ける
・トイレ内の水栓で手を洗ってタオルで拭く
・サンダルをぬいで、きちんとそろえる(笑)
・ドアをしめて、またパンツとズボンをはく

せっかくトイレに行ってもすぐでないことが不満みたいで、その後はさらに間隔が
空くようになってしまいました。
ちょっと我慢しちゃっているのか?でも本当にいよいよ、という時にはあせった顔で
「トイレ行く!」と自分からいいだします。
問題は、それがけっこうぎりぎりだったりして、間に合わずオムツにしてしまったり
床の上にしてしまったり。
それも本人的にはイヤみたいで、なかなか難しいです。

今また私の仕事の〆切前で、おもらし時の対応がかなり精神的に大変なので、
途中からまたオムツをはかせちゃいましたが、どうやら「おしっこはトイレでする」
というのはわかってきたみたいです。
パンツも初めはいやがっていましたが、ほんとははいたほうがよいと思うようになったみたい。
オムツ姿の自分を鏡でみて、「おむつ、あかちゃん~」と言っていたらしいので(夫・談)。

どうやったら自尊心を損なわずに、あまりプレッシャーもかけずに、
トイレにいっておしっこできるようになるか、が親としての課題でしょうか。
ちなみに土曜の朝、家で初めてできたのを目の当たりにしたときは、
不覚にも涙してしまいました。
夕方にまた上手にできたのを目にした夫もおもわず涙していました。

あんまり無理せずに楽しくやってみようね。
[PR]
by crystalwise | 2008-09-08 16:23 | 子育て