<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ひとつクリア

なんとかひとつめの仕事を終えることができた。
今回は、夫も仕事があるし、わたしの実家もたよれず、
とうとう息子を保育園に預けての作業となったけれど、
息子の頑張りのおかげでどうにか乗り切れました!

さて、今週締め切りのもうひとつのお仕事に
引き続きとりかからなければ。

息子の熱は、一晩寝て微熱にかわり、
今日は夕方になってもあがることがなかったのでこちらも一安心です。
朝からずっとご機嫌だったし。
週末一日だけの不調ならば、ゆっくり体を休めるという意味でも
なんとか大丈夫なのかな、という気がします。
あまり小さな体に無理はさせたくないのだけれど・・・。

でもこの調子なら、今週はまた元気に保育園に通えそうです。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-28 03:22 | 仕事

頑張った、そしてまたも発熱

今週は久しぶりの保育園だったにもかかわらず、さい先のよいスタートでした。
そして、残りの2回は、私の仕事の都合で保育時間を延長することに。

2日間とも、結局通常保育時間内の18時まで預かっていただいたのですが、
一日目は、息子への心配と、自分の仕事への心配が互いに膨れあがるなか、
夕方に一度電話をいれてみました。
すると
「延長ですね~。わかりました!(息子はどんな様子ですか?と尋ねると)
えーと(見に行って下さって)、もくもくとブロックで遊んでますね。全然大丈夫みたいですのでご安心下さい!」
とのお返事が。

ものすごく安堵するとともに、「もくもくとブロック」って・・・。
まあ普段家でも、もくもくと一人で遊んでいることがあるのでその姿は
容易に想像がつくのですが、それにしても保育園でそんなふうに
ちゃんと過ごしてくれているとは・・・。
いろんな思いが入り交じって、母は思わず泣きそうになりました。

お迎えは夫にいってもらったのですが、特に大喜びするでもなく、
はにかんで「えへへ」という反応だったとのこと。
その後帰宅した息子は、とてつもなく可愛い生きものに見えて
ぎゅううううとしばらく抱きしめてしまいました。
息子はやはり「えへへへへ」と微笑んでいました。

翌日は私が迎えに行き、やはり、「えへへ」となんだか恥ずかしがる息子とご対面。
この二日間ともほとんど泣きもせずご機嫌にすごしたねと先生方にもいっぱい褒めて頂き、
仕事が終わった夫と合流して喜び合いながら、外食して帰宅したのでした。

でも実は一抹の不安があったのです。
先週通った小児科の先生が、保育園行っているお子さんは週末によく熱をだすんですよ、とおっしゃっていたことが頭にあって。
「今日もよくがんばったねぇ、えらかったねぇ」と息子を寝かしつけて
ついでに自分も寝かしつけてしまって(泣)しばらくたって目覚めると、
息子のおでこが熱い。
やっぱりきたか、そうきてしまったのかと可哀想でなりませんでした。

朝起きて熱をはかると37.5度。
その後小児科受診前の検温では38.4度。
(たぶんこれはお部屋が暑かったせいと思われますが)
夜は38.6度でした。
一応病院ではヨウレンキンとインフルエンザの両方のチェックをしてもらい、
どちらもマイナスだったので、普通の風邪のようですが、
小さい体にいろいろな負荷がかかっているのかと思うと胸が痛みます。

そんなわけで、3週目も発熱とともに週末を迎えています。

私の仕事は・・・
たぶんなんとかなると思います(そう願います)・・・
[PR]
by crystalwise | 2008-01-27 02:04 | 子育て

再チャレンジ

先週は早速かかってしまった病気のため、一度も保育園に行けず。
したがって、本日は息子にとって再チャレンジの日です。

行きの電車のなかではいつもと同じ様子で、ママと電車でお出かけ~とでも
思っているようでした。
まあずっと家にいたので久しぶりの外は当然嬉しかったのだと思います。
でも、保育園のあるビルのエレベーターのなかで、
「保育園いくよー」と声をかけたとたんにやはり号泣。
泣き声とともに扉が開き、先生がホールまで出迎えて下さいました。

「先週はまるまるお休みしてしまいましたが、またよろしくお願いします」
といって息子を引き渡すと、先生に抱っこされながら、顔をくしゃくしゃにしながら、息子は手を振ってくれました。

今日はけっこう仕事がはかどり、気づいたらお迎えの時間になっていました。
少し早めでしたが迎えにいってみると、ややあって、先生に抱っこされた息子登場。
今度は、私の顔をみたとたん、ものすごい笑顔をくれました。でも泣くことはせず。
ん?これはひょっとして?

「今日は久しぶりだったのにだいぶ慣れた様子でした。お昼もほとんど全部食べたんですよ」と先生のありがたいお言葉!

やるじゃないか。

1週間のお休みが吉とでるか凶とでるかどきどきわくわくしてましたが、
さすがにたっぷり甘えて、家にいるのも退屈してきたころ
ちょうど良かったのかもしれません。

ちなみに帰りに念のため小児科を受診したところ、今回の長引いた症状は
どうやら「突発性発疹プラス風邪」のせいということでした。
突発やってなかったので、こちらも良かった。

明日はどうなるでしょうか。このまま軌道にのってくれるといいな。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-21 23:30 | 子育て

1歳10ヶ月になりました

c0085983_1535583.jpg

風邪ひいて、親も不調で、すっかり忘れていましたが、
またまた気がつけば1歳10ヶ月になっていました。
2歳までもうあと少し。

歩けるようになるとやはり一人前のヒトらしくなってくるけれど、お話しできるようになったらもっと面白いんだろうなぁ。

息子はいまのところ、出てくる言葉はまだそんなには多くなくて、
単語のみなので、お話しできるまでにはまだしばらくかかりそうです。

でもこちらのいうことを、ちょっと難しいかな?と思う内容でも
けっこうわかっていてその通り行動するので、不思議。

今朝は、クリスマスに買ってあげたボーネルンドのフルーツセットの箱から
果物がはいっていたダンボールのパッケージ?を取り出したくて(なぜか本体よりこちらのほうがすき)、うーうーうなっていた。
リビングのはしっこにいたので、キッチンの奥にいたわたしが
「ママんとこもっておいで!開けてあげるから」と声をかけると
箱ごともちあげてやって来たよ。
あれ?これって普通なのかな・・・。

そんなこんなで順調に成長していっていると思われます。
この間の動きは下記の通り。

・保育園デビューやら風邪などが重なったせいか、ちょっとでも私もしくは夫がはなれると大泣き。
・嫌なことがあると地団駄をふむ。もしくは両手を激しくたたく。
・まるくてフタのついたもの(アイスとか)はすごく美味しいらしいとわかってしまった。
・お気に入りのぬいぐるみのジョージ(さる)やテッサ(カンガルー)を使ってごっこ遊びをするのが大好き。

実はお正月休み中に夫がずっと毎日いたせいか(そしてそれまでの何週間かは仕事が超多忙で平日はほとんど会えなかった)、パパ大好き!ママいらない!という状態が続いていました。
ほんとうにママには無関心なのです。ごはんを食べさせている夫がちょっと他のことをしなければならないとき、代わりに私が、と食器を移動させると、自分でそれをパパの方に押し返したりして・・・。
いや、けっこう本気で悲しかったです。
ところが、お休みが明けて、保育園で強制的に一人にさせられた結果、お迎えにきてくれるママに今度はべったり。
ちょっと反則気味な気もしますが、めでたく関係改善がなされました。
一体なんだったのでしょう・・・。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-20 15:40 | 子育て

さっそくの洗礼

新しい年の幕開けとともに、週3日からの保育園生活がはじまったわが息子。

初日はずっと泣いていてご飯も食べなかったようでしたが、2日目はお別れのときに泣いたものの、その後すぐのお散歩でご機嫌になり、お昼ご飯もまあまあ食べ、少しずつ慣れてきているようですとのことでした。

3日目は、「保育園にいく=ママと離れる」をもうしっかり学習したようで、行きの電車のなかで大暴れ!電車ではいつもものすごーくおとなしいのに、必死で息子をなだめつつ、周囲の人たちの顔が見れなかった母でした・・。
保育園ではやはりお散歩は大好き。でもご飯はあまり食べず・・・とのこと。
お迎え時は泣いてはいなくて、今週はがんばったねぇと抱っこして褒めちぎりながら、家路についたのでした。

家につくと、うちの近所の畑でたき火をしていたせいで(住宅街の真ん中なんですが)、家中が煙りくさくて大変なことに。24時間換気システムというのはやはりくせものですね。
ノドが弱い私はもちろん、息子もひどい咳をしはじめてそれはそれは可哀想でした。
そしてそのまま咳がとまらず、夜中に発熱・・・。

翌日小児科を受診すると、ノドが真っ赤にはれあがっているとのことで、
「のどかぜでしょう」との診断。
煙との関連はあるかもしれないとのことですが、保育園いきはじめのお子さんは、週末になると熱をだしたりするんですよ、とも。
さっそく、保育園の洗礼を受けてしまいました。

1日目 小児科受診。ほんとうに咳がひどくてかなりつらそう。
     熱はそれほど高くない。お昼過ぎに両方の手のひらに発疹を見つける。

2日目 ぐったりしてほぼ一日中寝る。鼻水がではじめる。熱は37度台。お風呂なし。

3日目 起きているときは多少元気な様子だけど、うとうとしはじめるとぐったりと力ない
     感じ。鼻水が次から次へと。夕方以降38.6度の熱。

4日目 小児科受診。鼻水をとめるお薬をだしてもらう。保育園お休み。夜に39度の熱。
     お風呂なし。

5日目 ようやく夕方以降も熱があがらなくなる。手のひらの発疹は消えず。

6日目 小児科受診。抗生物質も処方される。咳のしすぎで目の下が真っ赤になっている
     のだと教えてもらう。保育園はお休み。だいぶ元気な様子ながら、目がうつろ。
     手のひらの発疹は消えず。

7日目 大事をとって保育園お休み。耳鼻科受診。鼻水を吸い取ってもらう。              発疹はかなり消えてきた。普段通りに遊ぶように。

8日目 お顔の感じはほぼ元通り。すっかり元気だが、まだ声がおかしい。

たぶん風邪をひいたのはこれで2度目になるけれど、今回は咳がひどくて、かつ手のひらに謎の発疹があらわれたのが特徴。お医者さんはいろんな可能性が考えられるが感染症ではないとのことだった。
水分はよくとっていて、食事は気が向けばわりあいに食べる、うんちもほぼ毎日していた。

それにしても病気のときの子どもは見ていてほんとうにつらい。
そして、ぴったりとくっついて離れないので、咳やくしゃみを浴び続けた結果、
夫婦揃って見事にうつってしまいました。

さらに通い始めたばかりの保育園は今週は全部お休み。当然私の仕事はしばらく中断せざるをえず・・・。
この1月だけ、ひとつきが勝負で預け始めたけれど、普通最初の1ヶ月は病気などで大変と聞くのでリスクは覚悟していましたが、やっぱり大変なんだと実感しました。
でもなんといっても、慣れない場所に一生懸命通って頑張った息子がけなげです。
 (写真は発熱5日目の息子。元気がなくてちいさい。)

c0085983_14221831.jpg


というわけで、ようやく手にした週末のお仕事タイムです。
私は風邪薬をがんがんのんで、厚着をして、のど飴なめながら必死にパソコンに向かっています。
夫は、もんたよしのりばりのしわがれ声でシャウトしながら遊んでる息子を、鼻づまり声でなだめながら世話しています。
そして、時々仕事部屋に息子が「ばぁ」って遊びにきてくれます・・・。

来週からはまた保育園がんばろうね。
というかがんばらなくていい。少しずつ楽しめるようになってくれたらいいのよ。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-19 19:46 | 子育て

涙の試練

本日息子は保育園デビューしました。
断乳に続いて、私たち親子にとっての二度目の試練を迎えています。

昨日は今月から通うことになる保育園のお試し。
ほんとは部屋の様子とかちゃんと見せて頂いてなかったので
(前回初めて訪れたときは年末の大掃除中だったのです・・・)
見学もかねて一時間ほど体験レッスンしたかったのですが、
お正月休み明け、久々に保育園にやってきた他のお子さん方にとって
ママと一緒の子がいるのはちょっと・・・ということで遠慮。
とりあえず2時間預かってもらって大丈夫そうならもう1時間、ということになりました。
私と離れ、先生に抱っこされて部屋の奥へと消えていった息子は「あれれ?」とぽかんとした顔。
わたしも「がんばれー」と心の中でつぶやきながら、わりとあっさりした気持ちでその場をあとにしました。

そして、いったん電話を入れるといった約束の時間。
できそうならもう一時間といっていたけど、今日はもうこのへんでいいかなーと、
電話をかけてみると、今泣いていますとのお返事!
前半はご機嫌でいろいろと遊んだようですが、途中で
「は!ママがいない!」と気づいたもよう。
その後はずっと泣きっぱなしだったようです・・・。
「すぐお迎えにいきます!」と伝えて駆けつけると、私の姿を発見した彼は、
うわーんと泣いて抱っこをせがみ、しばらくひっつき虫でした。
その様子を夜遅くに帰宅して聞かされた夫も涙ぐんでおりました・・・。

そして今日。
昨日と同じ場所、昨日と同じ人(先生)、もしや昨日と同じ展開・・・!?
いち早く状況を察知したらしい息子は、私から引き離されたとたん絶叫。
ベビーカーをたたもうとしばらくホール付近にいた私に、それはいつまでも
聞こえてきました・・・。(涙)
さすがに今日はつらかった。
世の中の保育園児を持つワーキングママの心情をようやく実感しました。
しかし、まさに時間をお金で買っている、しかも息子の頑張りと引き替えに!と思うと、涙を振り切って頑張らねばと決意。

・・・のはずだったのですが。
なんだかばたばたしていて、連絡帳を渡し忘れたことに気づき、
息子の情報がないなかで見てもらうのは大変だろうと思って
慌てて引き返したのでした。
時間はちょうどお散歩にでかけるころ。
ああ、できることならちょっとでも様子をのぞきたい。
でも見つかっては大変。
葛藤うずまくなか、保育園のある建物に近づくとすでにお散歩の準備が
はじまっていました。
道をわたってくるであろう息子を一目見ようと、急いで向かいの眼鏡屋に入り、店員さんに思いっきり怪しまれながら、ガラス越しに観察。
ひとり帽子をかぶっておらず(近頃帽子を断固拒否)、先生に抱っこされた息子が小さく小さく視界に入りました。
そして、バギーに乗せられて公園へと向かう息子を追って私もこっそり移動。
そのとき。
息子はわたしのほうを振り返りました。
けっこう遠いし、今日はいつもとちがってお仕事服なので分からなかったと思います。
でも、ママはここにいるよ~と抱きしめてあげたかったなあ。
でも、お散歩は大好きだから、このあと元気にすごしてくれるといいなぁと思いながら、私は仕事に戻ったのでした。

規定の時間にお迎えにいくと、先生は気のせいかややお疲れの様子で、
「今日はずっと泣いていて、みなでかわりばんこに抱っこしていました。お昼もほとんど口にしませんでした」と教えてくれました。
いつもあんなに食いしん坊なのに。
今日は私をみつけると「!」という顔をして、嬉しそうにしていました。
帰宅後は、ほっとしたのかベビーカーのまま玄関で寝てしまい、部屋へ移動させると、大泣きしながら私にしがみついて、また眠ってしまった。
そんな状態でこれを書きはじめました。
息子を抱っこしながらパソコンにむかうのって、久しぶりです。

最後にひとつ。
0時近くになっても寝付かず、夜遅く帰宅してパパをみて、「パパ!」と絶叫するので、さすがにもう疲れてしまった私は寝かしつけをお願いしようと部屋をでたら、引き続き「パパ!パパ!」と必死な叫びが。
・・・・・どうやら、私のことも「パパ」と呼んでいたみたいです。
ドアを閉めていってしまうのがすごくこわいみたいね、と夫。
結局赤ちゃんのときみたいに横抱きしてあげなから、今日は大変だったねぇ、えらかったねぇとお話ししていたら、いつの間にか寝息をたてていました。

ああ長かった一日。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-09 02:03 | 子育て

新しい年、あらたな経験

新しい年になりました。
年末は気分もあわただしく、実際ものすごく忙しかったけれど、
不思議なもので、年が明けるとすがすがしくリセットされた気持ちになる。
今日でお正月休みも終わって、明日から夫は出社です。

そして社会にでていくのは夫だけではない。
なんと息子も明日から保育園デビュー!

私は、「書く」ということを仕事にしているけれど、
書くためには、読んだり、聞いたり、調べたり、出かけていったり、出会ったり、話したりと、
いろいろな作業が伴います。
幸いにも勤務先はありつつ、フレキシブルな対応をしてくれて、
結局のところ自宅の仕事場が一番重要な作業をするところでもあるので、
これまでは何とか育児をしながら無理矢理やってきた。
でも息子が歩けるようになって、外遊びなどで相当疲れさせないとなかなか
寝ないようになると、このスタイルにもいよいよ限界がみえてきた。

いままでピンチの時にはたよってきた両親にとっても、時間的・体力的にやはり限界があるし、息子は同じ年頃の子供たちやいろいろな場所で遊びたがっているようなので、いよいよ
4月からの保育園入園を目標に、書類の準備や作成にかなりのエネルギーを費やして、
クリスマスの日に申請。

しかーし!
なんと1月には仕事の締め切りがふたつ重なっている!
4月からっていうより、1月をどう乗り切るかが大問題ということで、
12月最後の週は、保育園探しに奔走したのでした。
結局近所で探せたのは、昨年オープンしたばかりの東京都認証保育園ひとつ。
そこもすでに定員いっぱいぎりぎりで、一時保育としてなら預かれるけれど、見学した翌日中に返事をしないともう無理という状況だった。
今まで家族以外には預けられることのなかった息子が、いきなり9時-5時はきついだろうし、私にもそんな心の準備はなく。
とりあえず、いきなり毎日ということではなくて、仕事が一番はかどる午後以降に数時間預かってもらえれば・・・と考えていた希望が、むしろ難しいものであることが判明したのでした。

そこで視点を変えて、息子にとって楽しそうなプレイルームのような託児所ということで探してみたら、ありました!
しかも通勤途中で、家族でも頻繁に遊びにいく街に。
ここは一応決まったスケジュールで預けることになっているけれど、相談してみたらいろいろと対応していただけるようで、安心しました。

というわけで、明日は見学をかねて、行ってきます。
どうなるかな?
c0085983_14263366.jpg

[PR]
by crystalwise | 2008-01-06 23:27 | 子育て