カテゴリ:子育て( 55 )

彼はもう一人前

明け方までパソコンにむかい、なんとかひきずっていた仕事を片づけた。
今日からは、いよいよ本格的に母親業&主婦に復帰。

これまでリビングにはベビー用のマットがしいてあったが
息子はもうハイハイでどこでも行けるし、頭ごつんも少なくなったので
片づけて全面フローリングにしてみた。
ああすっきり。

けっこう広いスペースをとって、一人児童館状態なのに
彼はなぜかはしっこが好き。
そして、廊下に面したドアを開けるとすかさずハイハイで脱出を試みたり?
リビングとDKをソファで区切ってあるすきまから顔をのぞかせたり。
ちゃあんと考えていて、なんだか動きがおもしろい。

さっきサークル状態のベビーベッドに入れて用事をすませて戻ってきたら
母乳パッドを両手でもってウマウマしていた。
私と目が合った瞬間、
「うぉっ、やべえ」
てな顔。
・・・面白すぎたよ。

昨晩息子はお風呂上がりに
はじめて「パパ」「ママ」といった(ような気がする)。

これからどんな楽しいことが待っているんだろう。



c0085983_19441429.jpg

[PR]
by crystalwise | 2007-02-13 14:04 | 子育て

10ヶ月

今回はばたばたしていて、ずいぶんと遅くなってしまいましたが
もう10ヶ月になってしまいました(しかも半分すぎてる)。

というわけで、「9ヶ月」の記録を。

・ついにハイハイができるように。
・絶叫する。
・高い声で吠える。
・食べる量が増える&遊び食べしなくなる。
・うんちがころんと固形になる。

あとほかにもあったと思うけれど、最近こうしたことを
書き留める間もなく時間がすぎさっていきます・・・。

ちなみにわたしの仕事がおおきな山を越えたところで、
がたっと気がゆるんだのか、足の指を骨折してしまった。
まだ夫が育休中だったのと、一応松葉杖なしでも歩ける状態
だったのが、不幸中の幸い。

ほとんど病院にお世話になったりしないので、
なんであんなことでケガをしてしまったのか
自分でも不思議でならない。
[PR]
by crystalwise | 2007-01-31 01:44 | 子育て

ついに

息子がハイハイを始めました。

それまでも、後ろにずりさがったり、座ったままうんしょうんしょと移動したりは
していたようなのですが(最近育児から遠ざかっているのであまり目撃していない)、
前方に向かって、しかも2メートルくらいの距離を移動するのは、
今日が初だったのではないかと思います。

いままで欲しいものがあっても、パパやママのところに行きたくても
もどかしい思いをしてただろうに。
もうこれからは好きなところへ行けるね。

見守るわたしたちはいよいよ大変になりそうです。
もうすぐこの「大仕事」にも一段楽がつくので、そうしたら思いっきり遊ぼう。

ところで、気がつけば、今年最後の日になっているではありませんか。

今年は心身ともにいまだかつてない経験をした一年でした。
3人家族になったことが、本当に幸せで、毎日みんなでにこにこしています。
もちろん目がくるくるまわることもあるけれど。
来年はこの生活を大事にしながら、いろんなチャンスをものにしたいです。

ではあと一日、がんばるとしますか。
[PR]
by crystalwise | 2006-12-31 01:18 | 子育て

9ヶ月

慌ただしさを増してきた年末ムードのなかで、気がつけば今日で9ヶ月になりました。
いつものように「8ヶ月」の記録を。

・とにかく一日中にこにこ。しかもRIKACO笑い(なんで?)をマスター。
・移動範囲ひろがる。
 (ベッドのうえにうつぶせにおいたのに、はしっこで座っていたり。
  プレイマットからはみだして床にチューしていたり。)
・ベビーダノンと赤ちゃんせんべいにチャレンジ&お気に入りに。
・前歯は下に2本。
・おっぱいは一日4~5回。
・うんちは一日1回で、ついに固形に!
・おしっこは夜中はパンツ型おむつでも時々もれるくらい。
・おふろのバスタブでつかまりだち&ステップにお座り。
・夜はまた一人でベビーベッドで眠れるように。

なんといってもこの一ヶ月の目玉は、初めての発疹。
結局原因はわからなかったけれど、大事にいたらずによかった。
夫が育休をとってから一月半たち、ほぼ役割が入れ替わった毎日のなかで
息子は、とっても元気に明るく成長している。
ハードな仕事に追われているのでけっこう精神的につらいけれど、
息子の笑顔がなによりエネルギーになる。

あんまりにも可愛いので親バカぶりにも拍車がかかる我々夫婦です。
[PR]
by crystalwise | 2006-12-14 22:53 | 子育て

8ヶ月

またまた早いもので、息子が8ヶ月になった。
このぶんだと当分先だと思っていた1歳の誕生日もあっという間なんだろうな。

「7ヶ月」はこんなひと月でした。

・お座りは完璧、座った状態で少しずつ前に進める
 (リビングにプレイマットをしいて「お部屋」をつくってみた)
・お座りから前にてをついてハイハイの一歩手前の姿勢に
・おもちゃを両手でもちかえたり、床にすべらせたりぶつけたり
・昼寝はあいあわらずあまりせず。抱っこからベッドにおろそうとすると大泣き
・夜泣きらしきものはじまる(添い寝だとしない)
・下の前歯が生えてきた
・離乳食は2回目を少しずつ
・うんちが一人前の形状に(ニオイも・・・!)
・上に向かってバクハツしていた髪の毛がすっかりおちついてきた
・バスタブのなかで数秒間ひとりたっち!

今月はいよいよハイハイがはじまるのだろうか?


c0085983_15392114.jpg

[PR]
by crystalwise | 2006-11-14 15:19 | 子育て

公園デビュー

夫が育休に入ってからというもの、天気の良い日は近所の公園に散歩にでかけている。

いわゆる「公園デビュー」というのはどうやら一昔前のハナシらしく、顔見知りや仲良しのグループはちらほらみえるけれども、おそれていた「派閥」みたいなものはないようす。

今のところ、息子は遊具で遊ぶのはもちろん歩くこともできないので、基本的に親が抱っこしながらあちこちぶらぶらするだけ。
だから、好きな時間にでかけていって、ちょっとしたことをきっかけによそのお子さんやママたちとコミュニケーションをはかり、頃合いをみて「それじゃどうも~」とさよならするという、
いたってシンプルなおつきあいです。

ところが、この「ちょっとしたことをきっかけにコミュニーケーション」というのがけっこう
むずかしい。

たいていは同じ遊具のそばにいたり、歩けるくらいのちょっと大きい子が「赤ちゃんだ~」と近づいてきたりすることが多いけれど、初対面でいきなりいろいろ聞くわけにはいかないし、
かといって「絶対個人情報もらしません!」みたいなのも話しがはずまない。
そのへんを互いにおしはかりながら、でも仲良くできる人がみつかればいいなーという感じだろうか。

ママどうしのおつきあいというのは、まだそれほどしていないけれど、子供がいるからというだけで話ができるのはそんなに長い期間ではないと思う。
子供がいなくても、人として何か魅力を感じていておつきあいを続けていきたいと思える関係が理想。
さらに、普段接する機会のないジャンルの人だったりすると、なお面白い。
あ、でもこれは互いに子供がいるからこそ出会えるわけで。

しかし、こちらは夫婦で子供を連れてきている。
これってなかなか話しかけられにくいかも・・・。
さらに、夫ひとりでいる時は、どうなるんだろうか。
むしろその方がパパ友とかできるのかしら。

いろんなおつきあいの輪をひろげるために、いろいろと作戦考え中です。

c0085983_18165030.jpg
[PR]
by crystalwise | 2006-11-08 17:28 | 子育て

夫の育休

少し前から、夫が育休をとっている。

私が仕事復帰したこともあるけれど、何より日々変化していく息子の育児をじっくり経験してみたい、と前から言っていた。
実現すれば会社では第一号ということで、本当に大丈夫なのか少々不安な時期もあったが、上司も理解があり、意外にすんなりととることができたようだ。

彼の周囲の反応は、「思い切ったね」という一方で「自分も前にとろうと思った」「うらやましい」など、実はできることなら育休とりたいというパパたちの本音が透けてみえた。
現実には、同僚への気兼ねや育休中の生活費をどうするかなど、個々のケースでいろんな問題をクリアしないといけないけれど、男女かかわらず育休制度がもっと定着していくためには、まずは誰かが一歩ふみだすこと、が大事なんだろうと思う。

男性の育休は、家族、夫婦のあり方を見直したり深めるうえでも得るものが大きいはず。
わが家は結婚当初から何でも分担しあうことをモットーにしてきたので、夫は家事全般をこなせるし、育児も「授乳以外は全部やる」という意気込みで何でも二人でがんばってきた。
とはいえ、家にいる時間が長い私と、家をあける時間が長い夫とでは必然的に役割が違ってくる。
今回の彼の育休取得は、その役割を入れ替えることなので、それに伴う心の変化にもすごく興味がある。

というわけで、この家族みんなにとっての貴重な機会、おおいに経験したいと思います。
[PR]
by crystalwise | 2006-11-06 12:43 | 子育て

いろいろあった一日

今日は忙しくてなかなか行けなかった6-7ヶ月検診に夫と3人で行ってきた。
息子は身長・体重ともに平均値、その他特に問題もなく、順調に成長しているとのこと。
日々の様子をみてもほとんど心配はないけれど、いちおうそう言ってもらうと親としては一安心です。

帰りには、近所の公園に行って、他のもう少し大きな子たちが元気に遊びまわっている姿を、親子3人でしばらく眺めていた。
同じ子供連れの方とお話しもして、こういうのって子供を通した社会とのつながり、というか「親」としてのおつきあいの第一歩で、新鮮なかんじです。

家に帰り、気持ちよくお風呂にもはいって、さあねんね!と思ったら・・・

やってしまった。
(親の)ベッドから転落です。
しかも3度目です。

いつも落ちた瞬間を見ていないのだけど、前2回は後頭部を打ったようだった。
幸いすぐに大泣きし、おっぱいのむと落ち着いて様子も変わらず、大事にはいたらなかった。
今回もすぐに大泣きしたものの、発見したときうつぶせで床に倒れていた・・・。
抱き起こすと鼻に真っ赤なすじが!
出血はしていないけれど、フローリングなのでさぞ痛かったと思う。
鼻を強くぶつけたのか、またはつぶれてむぎゅと押しつけられたのかもしれない。
おいおいと大粒の涙を流してほんとうにかわいそうなことをしました。
あとで私も泣けてきました。
しばらく抱きしめて、おっぱいを飲ませたらまたにこにこ笑ったりして、大丈夫そうな様子だったけれど、ああ切ない。胸が痛みます。

それにしてもどうやってベッドに寝かせたあの向きから、あの床の地点に落ちたのか。
まだはいはいはできないけれど、寝返り・寝返り返り両方向と腹ばいでの回転をくみあわせると、もうかなり移動できるということなんだ。
昨日までできなかったことがどんどんできていく。
嬉しいけれどほんとに気をつけなければならないです。

とりあえず今はすやすや寝ています。
明日鼻の赤い傷を見て、また気を引き締めなければ。
ほんとにごめんね・・・。
[PR]
by crystalwise | 2006-11-01 23:45 | 子育て

7ヶ月

今日で、息子は7ヶ月になりました。
毎月毎月どんどん早くなってきています。

この一ヶ月間は、なんといっても私の仕事が始まり、また新しい生活のペースをつくらなければならない、という苦闘の日々でした。
でも、子供ってすごい。親がもがいているあいだにあれよあれよと
成長していくんですねぇ。

とりあえず、こんな「6ヶ月」でした。

・ちょっとの支えでしっかり足をふんばる
 →片足をちょっとあげたり屈伸?したり
・しばらく一人でおすわりができる
 →かなり長い間安定して座っていられる
・あちこちに手をのばしてものをつかむ
 →すごい遠くに置いたはずのものも、目をはなしたすきにつかんでる
   とにかく近くにあるもの何でもさわりたがる
・不満があると「んぐー」と唸る
・人見知りがはじまる?
・表情がとても細やかになる
・両手をのばして「抱っこ」をせがむ
・午前中に昼寝をするように
・よく動くので体がしまってきた

そして、そういえば、離乳食もはじめたのでした。
とにかく事前に色々調べまくったけれど、
忙しい時期とちょうど重なったこともあり、ゆっくりあせらず
すすめています。
いまのところ、スプーンは好き、おかゆも好き。
甘いから食べやすいと聞いて最初の野菜にとえらんだかぼちゃは
「おえ」っていいました・・・。
ほうれんそうはぱくぱく食べています。
おっぱいから離れる日はいつになるかな。

母は、すこしさみしいけれど、がんばれーという気持ちです。


c0085983_1625238.jpg

[PR]
by crystalwise | 2006-10-14 23:25 | 子育て

すこーし光がみえてきた

出産の何倍もつらいとまで思える、育児・家事しながらの自宅での仕事再開。
ようやく、少しだけ、トンネルの出口がみえてきた・・・。

ところで、息子がまたひとまわり成長したもよう。
いつのまにか長い間おすわりができるようになって、ついに!「おもちゃでひとり遊び」をしてくれるようになった。
飽きもせず、3-4個ならべたおもちゃを両手でとっかえひっかえなめている。
昼寝も少しだけどしてくれるし、ぐずることもなく、ご機嫌の表情もバリエーション豊か。
母がどうやら大変らしい、と察知してるのかな。
昨日から夫が出張でいないので、しばらく二人きりだけど、夜寝かしつけたあとなんかは、
まるで一人暮らしのよう。

ハイハイするまでのあいだ、今が少しひと息つける時期なのかも。
おっぱいあげながら、息子の温かさと柔らかさをかみしめて仕事の疲れを癒しています。
[PR]
by crystalwise | 2006-10-07 00:09 | 子育て