カテゴリ:子育て( 55 )

涙の試練

本日息子は保育園デビューしました。
断乳に続いて、私たち親子にとっての二度目の試練を迎えています。

昨日は今月から通うことになる保育園のお試し。
ほんとは部屋の様子とかちゃんと見せて頂いてなかったので
(前回初めて訪れたときは年末の大掃除中だったのです・・・)
見学もかねて一時間ほど体験レッスンしたかったのですが、
お正月休み明け、久々に保育園にやってきた他のお子さん方にとって
ママと一緒の子がいるのはちょっと・・・ということで遠慮。
とりあえず2時間預かってもらって大丈夫そうならもう1時間、ということになりました。
私と離れ、先生に抱っこされて部屋の奥へと消えていった息子は「あれれ?」とぽかんとした顔。
わたしも「がんばれー」と心の中でつぶやきながら、わりとあっさりした気持ちでその場をあとにしました。

そして、いったん電話を入れるといった約束の時間。
できそうならもう一時間といっていたけど、今日はもうこのへんでいいかなーと、
電話をかけてみると、今泣いていますとのお返事!
前半はご機嫌でいろいろと遊んだようですが、途中で
「は!ママがいない!」と気づいたもよう。
その後はずっと泣きっぱなしだったようです・・・。
「すぐお迎えにいきます!」と伝えて駆けつけると、私の姿を発見した彼は、
うわーんと泣いて抱っこをせがみ、しばらくひっつき虫でした。
その様子を夜遅くに帰宅して聞かされた夫も涙ぐんでおりました・・・。

そして今日。
昨日と同じ場所、昨日と同じ人(先生)、もしや昨日と同じ展開・・・!?
いち早く状況を察知したらしい息子は、私から引き離されたとたん絶叫。
ベビーカーをたたもうとしばらくホール付近にいた私に、それはいつまでも
聞こえてきました・・・。(涙)
さすがに今日はつらかった。
世の中の保育園児を持つワーキングママの心情をようやく実感しました。
しかし、まさに時間をお金で買っている、しかも息子の頑張りと引き替えに!と思うと、涙を振り切って頑張らねばと決意。

・・・のはずだったのですが。
なんだかばたばたしていて、連絡帳を渡し忘れたことに気づき、
息子の情報がないなかで見てもらうのは大変だろうと思って
慌てて引き返したのでした。
時間はちょうどお散歩にでかけるころ。
ああ、できることならちょっとでも様子をのぞきたい。
でも見つかっては大変。
葛藤うずまくなか、保育園のある建物に近づくとすでにお散歩の準備が
はじまっていました。
道をわたってくるであろう息子を一目見ようと、急いで向かいの眼鏡屋に入り、店員さんに思いっきり怪しまれながら、ガラス越しに観察。
ひとり帽子をかぶっておらず(近頃帽子を断固拒否)、先生に抱っこされた息子が小さく小さく視界に入りました。
そして、バギーに乗せられて公園へと向かう息子を追って私もこっそり移動。
そのとき。
息子はわたしのほうを振り返りました。
けっこう遠いし、今日はいつもとちがってお仕事服なので分からなかったと思います。
でも、ママはここにいるよ~と抱きしめてあげたかったなあ。
でも、お散歩は大好きだから、このあと元気にすごしてくれるといいなぁと思いながら、私は仕事に戻ったのでした。

規定の時間にお迎えにいくと、先生は気のせいかややお疲れの様子で、
「今日はずっと泣いていて、みなでかわりばんこに抱っこしていました。お昼もほとんど口にしませんでした」と教えてくれました。
いつもあんなに食いしん坊なのに。
今日は私をみつけると「!」という顔をして、嬉しそうにしていました。
帰宅後は、ほっとしたのかベビーカーのまま玄関で寝てしまい、部屋へ移動させると、大泣きしながら私にしがみついて、また眠ってしまった。
そんな状態でこれを書きはじめました。
息子を抱っこしながらパソコンにむかうのって、久しぶりです。

最後にひとつ。
0時近くになっても寝付かず、夜遅く帰宅してパパをみて、「パパ!」と絶叫するので、さすがにもう疲れてしまった私は寝かしつけをお願いしようと部屋をでたら、引き続き「パパ!パパ!」と必死な叫びが。
・・・・・どうやら、私のことも「パパ」と呼んでいたみたいです。
ドアを閉めていってしまうのがすごくこわいみたいね、と夫。
結局赤ちゃんのときみたいに横抱きしてあげなから、今日は大変だったねぇ、えらかったねぇとお話ししていたら、いつの間にか寝息をたてていました。

ああ長かった一日。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-09 02:03 | 子育て

新しい年、あらたな経験

新しい年になりました。
年末は気分もあわただしく、実際ものすごく忙しかったけれど、
不思議なもので、年が明けるとすがすがしくリセットされた気持ちになる。
今日でお正月休みも終わって、明日から夫は出社です。

そして社会にでていくのは夫だけではない。
なんと息子も明日から保育園デビュー!

私は、「書く」ということを仕事にしているけれど、
書くためには、読んだり、聞いたり、調べたり、出かけていったり、出会ったり、話したりと、
いろいろな作業が伴います。
幸いにも勤務先はありつつ、フレキシブルな対応をしてくれて、
結局のところ自宅の仕事場が一番重要な作業をするところでもあるので、
これまでは何とか育児をしながら無理矢理やってきた。
でも息子が歩けるようになって、外遊びなどで相当疲れさせないとなかなか
寝ないようになると、このスタイルにもいよいよ限界がみえてきた。

いままでピンチの時にはたよってきた両親にとっても、時間的・体力的にやはり限界があるし、息子は同じ年頃の子供たちやいろいろな場所で遊びたがっているようなので、いよいよ
4月からの保育園入園を目標に、書類の準備や作成にかなりのエネルギーを費やして、
クリスマスの日に申請。

しかーし!
なんと1月には仕事の締め切りがふたつ重なっている!
4月からっていうより、1月をどう乗り切るかが大問題ということで、
12月最後の週は、保育園探しに奔走したのでした。
結局近所で探せたのは、昨年オープンしたばかりの東京都認証保育園ひとつ。
そこもすでに定員いっぱいぎりぎりで、一時保育としてなら預かれるけれど、見学した翌日中に返事をしないともう無理という状況だった。
今まで家族以外には預けられることのなかった息子が、いきなり9時-5時はきついだろうし、私にもそんな心の準備はなく。
とりあえず、いきなり毎日ということではなくて、仕事が一番はかどる午後以降に数時間預かってもらえれば・・・と考えていた希望が、むしろ難しいものであることが判明したのでした。

そこで視点を変えて、息子にとって楽しそうなプレイルームのような託児所ということで探してみたら、ありました!
しかも通勤途中で、家族でも頻繁に遊びにいく街に。
ここは一応決まったスケジュールで預けることになっているけれど、相談してみたらいろいろと対応していただけるようで、安心しました。

というわけで、明日は見学をかねて、行ってきます。
どうなるかな?
c0085983_14263366.jpg

[PR]
by crystalwise | 2008-01-06 23:27 | 子育て

1歳9ヶ月になりました、そして今年も終わり

ほとんどマンスリー成長期しか書いていないこの日記ですが、
そして、9ヶ月になったどころか、もうすぐ10ヶ月なのですが、
やっぱり抜けていると気持ち悪いので、ちゃんと記録。

家では小走りになってきた息子は、すっかりやんちゃ坊主です。

・ごはんの量は大人並み。エンゲル係数が・・・。前はあまり食べなかったお肉系をよく食べるように。肉食べてワイルドになっていくんだろうか?
・外遊びをしないとストレスがたまるみたいだけど、もうかなり寒くなってきたので、連れ出すこちらは相当ツライ。このあいだはベビーカーにも乗せずに
好きなだけ公園のなかを歩かせたら、1時間半も歩き回った。
・一時はものすごく嫌がっていた歯みがき。自分で持たせるとちょっとやって「できないや~」とポイするが、やってあげると大人しくあーんとお口を開け ている。気がつけば歯は全部はえそろったみたい?
・ほっぺたがカサカサだったので毎晩お風呂あがりにクリームをぬってあげたら、意外とこれが気に入ったもよう。クリームのチューブや容器を指さしてはぬってくれとせがむ。さらにはクリームをだして、私にもぬってくれる(真似をする)。そういえば、息子は、絵本のくだものを食べさせてくれたり、ごっこ遊びが好きみたい。
・平日はママしかいないので仕方ないけど(しかもこのところずっと夫が出張やら残業やらで息子とあんまり会えなかった)、土日はここぞとばかりに夫 にべったりで、私のことは完全無視・・・。ま、私も息抜きできてよいことはよ いのですが。そして週が明けるとだいたい水曜日くらいにまた懐いてくる。
・なんか気に入らないとき、希望が聞き入れられなかったときの怒りっぷりがすごい!息子はこれまで比較的穏やかな性格でしたが、これがいわゆる  「魔の2歳児」の前兆なのでしょうか・・・。

今年はあっという間にすぎていったような気がする。
そして、色々なことが重なって、体調も崩したりして、もう普通に年末年始を迎えちゃえ~と思っていましたが、31日の夕方頃から急に水回りなどを掃除しはじめ、一気に大晦日っぽい雰囲気になりました。なんてせわしない毎日。
来年はもう少しちゃんと日記を書こう。

c0085983_1116252.jpg

[PR]
by crystalwise | 2007-12-31 18:36 | 子育て

1歳8ヶ月になりました

昨日から突然宇宙語を話し出した。
どこかの国の言葉みたい。
それから「こっち向いて」と声をかけると、
くるっと振り向いて白い歯をみせて笑顔のキメポーズ。
どこでそんなこと覚えたんでしょう・・・。

さて、このひとつきは、こんなふうに成長しました。

・遊び食べピーク!食べてしばらく噛んでからうぇーっと出す。やめてほしい。
・外遊び大好き!私も頑張って出かけてるよ。
・あいかわらず「車(ぶー)」「電車(ぱちぱち)」が大好き。
・もうすぐ走れそうなくらい早歩き。最近は公園を一周歩きでお散歩できる。
・前よりはスムーズに寝てくれる。ようやく大人の夜の時間が!
・パパの持ちものを見ては「パパ」と指さす。でも私も「パパ」と呼ばれる・・・。
・背がのびたのか、体つきがすらーっとお兄ちゃんなかんじに。

それにしてもあっという間だなあ。
[PR]
by crystalwise | 2007-11-23 22:05 | 子育て

できること

洗濯物を干すとき、カゴからひとつずつとって渡してくれる。

クイックルワイパーで床をおそうじする。

スプーンでごはんをすくうとき、左手をお茶碗にそえる。

音楽が聞こえてくると、手拍子する。

ドアが閉まっていると、トントンとノックする。

そしてドアを閉めるとき、指をはさまないようにそっとずらす。

「○○するひと~!」と聞くと「ハイっ」とばかり手をあげる。

「ママにヨシヨシして」というと私の頬をなでっとしてくれる。

みんないつの間にかできるようになっていました。
あと、お外をベビーカーで散歩していると、もれなくすべての車を指さして
「ぶ!」
と言います。
おとといは、犬をみてはじめてはっきりと「わんわん」と言ったので、ちょっと感動していたら、やがてすべての動物が「わんわん」だということが判明。
よく聞くハナシだけど、ついに息子もその時期に突入したのね。

言葉はまだまだ少ないけれど、着実にこちらの言うことを理解しているみたいなので、すごく面白いです。


c0085983_029722.jpg

[PR]
by crystalwise | 2007-11-08 23:32 | 子育て

はじめての病気

10月の半ばに息子がはじめての高熱をだした。
いまはすっかり元気になって、なぜか風邪の前とは別人のように成長したかんじ。
それにしても子供が病気になるって、本人も大変だけれど
親も大変だということを実感しました。
うちはいままでほとんど病気らしいことしてなかったから。
というわけで、記念すべき「はじめての病気らしき病気」の記録を。
(ついでに私の風邪の記録も)

・木曜日未明
明け方4時頃泣いて起きる。全身がけっこう熱かったけれど、お布団のせいかと思い、親子3人いっしょに寝る。朝起きてみても変化無し。熱をはかったら39度近く!食欲もあまりないみたいで、お水も飲みたがらない。お昼前に小児科を受診。喉がはれているが、いまのところ寝冷えによる風邪か突発かまだわからないとのこと。喉のお薬を処方される。近くにできたばかりの薬局で薬をもらう。薬剤師のお姉さんが超素敵。帰ってからご飯食べて薬をのんでひたすら寝てしまう息子。目がうつろでぺたんと抱きついてくる・・・。お風呂は入らず。

・金曜日
熱は37.5度くらいにまで下がった。どうやら突発ではなさそう?
薬のせいか眠いみたいでほとんど寝ている。でも一人で寝るのはイヤみたいで、久しぶりに赤ちゃんみたいにずっと抱っこしていた。
夜になって白いご飯を食べることができた。よかった!

・土曜日
熱は平熱に近い。午前中来客があった。普段ならご機嫌なのになんだか
ぐずっている。前日から風邪だというのに外を指さして出かけたがってしょうがない。かわりばんこに公園に連れて行く。お客様を送りがてら再び小児科を受診。やはり風邪だったとのこと。薬はなしで様子見。

・火曜日
熱はすっかり下がったのに、なんだかまだ機嫌がよくない。咳をしたり鼻水もあったりで。念のためまた小児科を受診。前回咽頭炎だったのが、扁桃腺も腫れているとのこと。ただし、治りかけているので2,3日様子をみてくださいとのこと。ちなみに、私も風邪になりかけているみたいで、ついでに診てもらった。充分うつる可能性があるらしい。週末は学会報告で地方に出張なので、なんとしてでもうつるわけにいかない。お薬は鼻水・くしゃみにも効くものを処方される。

・金曜日
息子の風邪はほぼ治り、すっかり元気に!かわりに私の体調が最悪・・・。
なんとかだましだまし過ごして夕方飛行機にのって博多着。飛行機乗るのがしんどかったし、博多はまだ少し気温が高いのとで、夕食をとっていたら風邪が本格化。閉店直後のマツモトキヨシをむりやり開けてもらって風邪薬を購入。頭痛をこらえて翌日の準備をし、早めに就寝。

・土曜日
朝起きたらなんとかいける感じ。でも午前中の報告を終えたらまたやばくなってきたので、夜にそなえてホテルで寝る。夕方復活、懇親会に出る。夜遅く帰ってきたらまたもや調子悪い。

・日曜日
めったに飲まない薬が効いてるのか、そんなにつらくなく起床。飛行機で東京に戻る。これならなんとか大丈夫。息子と夫が途中まで迎えに来てくれた。息子はすっかり復活&すっかりお兄ちゃんぽく。とにかく元気になって良かった。
[PR]
by crystalwise | 2007-11-03 14:18 | 子育て

1歳6ヶ月そして7ヶ月になりました

c0085983_1613840.jpg

1歳半になったなぁと感慨深い思いでいたら、数日前に気づかないうちに
1歳7ヶ月になってました。

1歳6ヶ月は色々な意味で大きく成長した一月でした。
赤ちゃんぽさがかなりなくなって、「チビッコ」になってきたかんじ。
表情も動きもお洋服もすべてがお兄ちゃんぽい。
そしてなんといっても可愛いのです。(←親ばか)

・乗り物ブーム到来!電車のよくみえる全面ガラスばりのお店で
食事をして以来、電車が通るのを見ると拍手!そのうちバスにも車にも
拍手!まったく「男の子らしさ」を意識することなく育ててきたのに
やはり動くものに興味があるというのは男の子ならではなのかな。
・「パパ」ブーム到来!パパがささやき声で教えたため、
「パパ」というときはいつもウィスパーヴォイス。
・あんなに食いしん坊だったのに、嫌がって食べないことが。
ご飯、卵焼き、トマト、おみそ汁のスープのみ、果物はすごく好き。
おかず全般、パンは、まったく口にしたがらないか、ちょっとカミカミして
出してしまう・・・
・寝かしつけが体力勝負。力がありあまっているのか、寝る前に小一時間ほど、ベッドの上で大暴れ。超インドア派のわたしが毎日がんばって公園につれていっているというのに・・・(涙)。
[PR]
by crystalwise | 2007-10-16 14:16 | 子育て

小さな恋人

男の子は「小さな恋人」とよくいいますが、近頃ますます息子にときめいている私。
特にここ数日は、にこにこと笑顔をふりまき、言葉や歌なんかにもとてもよく反応して、
コミュニケーションがしっかりできている。
なんというか気持ちが通い合っているみたい。
顔つきや体つきもしっかりしてきて、久しぶりに合った夫の両親や姉たち、
友人たちから、「男の子っぽくなったねぇ」といわれた。
「女の子かな?」っていわれることの多かった子なのに。

夜寝かしつけのとき、「ママにちゅうして」といってみたら
もそもそやってきて「ちゅ」としてくれました。
気持ちがほわんとなりました。
なにより、ママのお願いの意味がわかったことにびっくり!

いやはや子育ては大変なことも多いけれど、
わが子がそばにいることが心の安定になっている、
そんな今日この頃です。
[PR]
by crystalwise | 2007-09-11 04:01 | 子育て

1才5ヶ月

毎度のことですが、なかなか日記をかく時間がなくて
あっというまに1才5ヶ月になっています(そしてもうすぐ6ヶ月なんだけど)。

この間の主な出来事は、なんといっても一人で私の実家に10日近く
お泊まりしたこと!
私の仕事や両親の都合などの諸事情でやむをえずそのぐらいの期間になってしまったのですが、どういうわけか、全然OK。
モリモリ食べて、よく寝て、生活リズムまできちんとしてもらった10日となりました。
ちょうど暑さのピークだったこともあり、涼しくて大自然あふれる環境で
すごせたことは、とても良かったみたいです。

私たち夫婦はというと、はじめの2,3日は解放感でいっぱいでしたが、
いるはずの存在がないことに対する奇妙な感覚からなかなか抜けきれず
(つい泣き声がするように思って寝室をのぞきにいってしまう、とか)
そのうち、息子の真似をかわりばんこにしたりして、もう寂しくて
どうしようもなくなってしまった・・・
大変だけれど、やっぱりきみはもう家族の一員なんだねぇ。
私だけ迎えにいきがてら、実家で数日一緒にすごしたのですが、
駅で久々に再会したときの気持ち!
抱っこしたときの柔らかさはまた格別でした。
その日はなんとなくあっさりしていた息子は、翌日わたしにべったり甘えて
それはもうすごかった、ひっつき虫だったね。

そんなわけでまた親子ともども成長した夏休みとなりました。
この間の成長ぶりは下記のとおり。

・家の中はもちろん外でも靴をはいてすたすた歩けるように
(ただし、はじめての場所は慣れるのに少し時間が必要なときも)
公園であそぶのもいよいよ本格開始?
・二階フロアすべてを解禁したので、あちこちで引き出しあけたりいろいろいじるように。
・「こわい」という感覚がはっきりしてくる。
 (たとえば雷なんかをこれまでは全然こわがっていなかったのに、今はごろごろ鳴るたびに必死でしがみついてきて大泣き)
・いやなものへの意思表示がはっきり
・ものすごく甘えてくる
・好きなもの?可愛いとおもうものにキッス
・姿が見えなくなると「ママ!」とさけぶ(パパにも)
・おなかがすくと「マンマ!」とさけぶ
・お昼寝はあいかわらずなかなかしない。夕方とかになっちゃう
・夜も10時近くまでなかなか寝ないときが。でもいったん寝たら朝までぐっすり
・ごはんはよく食べる。自分でフォークやスプーンをもって食べたがる。
・うんちは一時期ゆるめのをどっさりしていたけど、すいかを食べてたからみたい。
・NHKの「おかあさんといっしょ」が大好き。テーマソングだけでニコニコ大人しく。「いないいないばあ」も見せたら気に入ったよう。
・足がすら~っとのびてきたなぁとおもっていたら、いつの間にかベビーカーから膝下が下がるように
[PR]
by crystalwise | 2007-09-05 17:45 | 子育て

なんともいえずに嬉しい出来事

子供が成長するって、なんともいえずに嬉しい出来事が
たくさんあるということ。

たとえば、「ママ」って呼ばれたとき。
「ママ」。
「ママ」!
「ママ」~!(きゃーーーーーー)
ああ、なんという幸せ。
息子にとってわたしは、唯一無二の存在である「ママ」。
はじめてお腹のなかで5ミリほどの我が子と対面してから、
こんなに成長したのね・・・。

たとえば、いつのまにか、木琴をひとつずつたたいてちゃんと音をだしているとき。
はじめは力まかせにたたいていたのに、ぽろろろろんと
かわいらしい音を奏でている。
なんとなくちゃんとメロディーになってるよ。

たとえば、洗濯物を干しているときに、ハンガーを拾って「ん!」と渡してくれるとき。
すごいね。えらいね。もうお手伝いしてくれてるんだよね。
洗濯ネットを床におくと、ちゃんと一つずつ拾って洗濯かごにいれてくれるし。
まだまだ言葉は話せないけれど、ちゃんとコミュニケーションが成立してる。

そしてそして・・・。
最近の息子の大好きなことが「かくれんぼ」。
家具のかげに隠れても、エプロンで顔を隠しても、
わたしの顔がみえた瞬間、ぱぁっと満面の笑みを浮かべてくれる。

子育てはもちろん大変なことばかりではない。
こんな素敵な出来事がいっぱい待ってます。
[PR]
by crystalwise | 2007-07-19 17:22 | 子育て