カテゴリ:子育て( 55 )

保育園生活スタート!

c0085983_11593686.jpg4月1日に入園説明会、翌2日からは、いきなり朝8時半~夕方5時までの保育となり、いよいよ息子の保育園生活がスタートしました。

入園式があるのかなと思っていたら、保育・生活の場なのでそういう形式ではないとのこと。




保育園に到着すると、まず手作りのおもちゃとクッキーのプレゼントを頂き、一番大きな部屋に全園児とあたらしく入園した園児および保護者・全スタッフが集まるなか、子どもたちが元気にかわいらしくお歌をうたって歓迎してくれました。

その後、子どもたちは年齢別の各部屋に。その間保護者もクラス別にいろいろな説明を受けました。
そのあと、子供のいる部屋に移動。そこで一緒に給食をいただきました。
他の同い年のお子さん方が食べきれずに残したりするなか、息子はほぼ完食、するのみならず、となりの子のいちごまで欲しがる始末。
保育園はぐずぐずしてると他の子にご飯たべられちゃうよーとふざけて言ってましたが、キミが食べるほうか!
普段着で、写真をとったりなどのイベントもなかったのは少々残念でしたが、楽しくすごしたひとときでした。

翌日の朝は、夫婦いっしょに保育園まで送りに行きました。
初日なので、いろいろとものをしまったりするのが勝手がわからず大変でしたが、なんとか終了。お布団カバーが指定より少し小さめに出来上がってしまったのを心配していたのですが、ちょうどぴったりの大きさでした。
息子は、なんだかわからない様子できょとんとしながらお別れ。
お迎えにいくと、いきなりの長時間でも平気だったようでした。

2日目、3日目の朝は、やっぱり少し泣いちゃいました。でもすぐに泣きやんだよう。
そして次の週の月曜日はもう泣かなくなりました。
現在4週目を迎えていますが、笑顔でバイバイしてくれたり、親そっちのけで先生のそばに駆け寄り、さっそく遊びに夢中になってたりします。
お迎えが遅くなった日も全然泣かずに、にこにこしているそうで、
これは1月から3月まで通った保育園での経験が大きいんだろうなと思います。
心配していた3時間のお昼寝も普通にちゃんとしているとかでびっくり!

さて、私のほうはと言うと、日中仕事をする時間が確保できるようになったはずなのに、なかなか仕事は思うようにすすみません。が、これも次第にペースがつかめてくるかと思います。

ちょっと楽しいのは、朝夕の送り迎えのときに、他の保護者の方たちと挨拶をかわすこと。
パパも多いし、外国の方もわりといます。
以前、この保育園は保護者どうしの関係もすごくよい、と聞いていたので、楽しい交流があればいいなと期待しています。
[PR]
by crystalwise | 2008-04-22 12:04 | 子育て

入園準備

近所の公立保育園への入園が決まってただただ喜んでいた私でしたが、一抹の不安が。
それは、入園グッズの手作りが果たして間に合うのか・・・。

園によって違うと思いますが、我が家がお世話になる保育園では、下記のものが必要になります。

・ハンドタオル
・エプロン2枚
・パジャマ
・つばのある帽子
・上履き
(以上は市販品でOK)

・敷き布団カバー
・毛布カバー
・カバー&パジャマを入れるバッグ
・シューズバッグ
・連絡帳カバー
(以上はサイズ指定なので手作り?)

あとはもちろん、おむつやおしりふき、汚れ物を入れるビニールなどがあります。

エプロンは乗り物のイラストが可愛い一枚を追加で購入、パジャマは安心して眠れるようにお家で使っているものと同じサイズ違いを、帽子は1月から通っている保育園で購入したものを気に入っているのでそのまま、ハンドタオルは最後まで迷って、赤ちゃん時代に使っていたよだれかけの「神楽坂ビブギャラリー」のものをあらたに3枚購入しました。
上履きがなかなか大変で、バレエシューズタイプのものは14センチ以上しかなく、息子にはまだちょっと大きい。でも、ようやくネットでみつけた「教育シューズ」(すごい名前だ)の13.5センチで解決しました。

となると、やはり問題はカバーとバッグ類。
布選びで早くも挫折しかけていた私は、ハンドメイドはとにかく気力勝負!とみずからをふるいたたせ、ようやくイメージ通りの布およびその他の材料と裁縫グッズを3つの手芸用品店を駆け回って入手し、ミシンも実家から借りてきました。
そして、ついに完成したのがこちら!(注意:めずらしく写真いっぱいです)


c0085983_14535753.jpg

今回の手作りグッズは、息子がお気に入りのキュリアス・ジョージをモティーフにシンプルかつ面白く?がテーマです。気に入った布がなかなかないなぁと思っていたら、昨年子供服のブランドをたちあげてネットショップで展開している友人が、素敵な手芸用品店を教えてくれて、そこに行ったら、あっさりジョージ柄の布が何種類もおいてありました。
そのなかのひとつ、動物園でのジョージと黄色い帽子のおじさんが描かれた布でお布団カバーをつくり、端切れの柄をアップリケしてバッグ類をつくってみました。
写真はシューズバッグ(表)。表地は黒×白のストライプのデニム、裏地は黒×赤のドット柄です。アップリケは一番ポイントになりそうな柄をチョイス。


c0085983_14545667.jpg

こちらはシューズバッグ(裏)。息子は黄色いおじさんが大好きなので、おじさんの絵ばかり指さすのですが、これをメインにもってくるとなんだか微妙なかんじ。したがって、あとで余白に名前をいれてネームプレートのようにすることにしました。


c0085983_14345471.jpg

お布団カバーとパジャマを入れるバッグです。いわゆる通園バッグとちがって縦長のかたちが指定されています。ちなみに、バッグ本体と持ち手とでストライプの柄の方向を変えてみたのが自分では気に入ってます。
バッグは出来上がっていく過程がけっこう面白くて、一晩で両方つくれてしまいました。


c0085983_1435856.jpg

こちらのバッグの裏にもやはり黄色い帽子のおじさんが・・・。保育園でもおじさんを指さして喜んでくれるといいなぁ。


c0085983_14352842.jpg

お次は、連絡帳のカバー。これを一番最初につくりました。カバーのつくりかたってのがわからなくて、適当にミシンかけながら調整しつつやってたらなんとかそれっぽくなった。アップリケのロックミシンが斜めになってるのもご愛敬。
隣にいるのは我が家のジョージです。今ネットなどで見かけるジョージのぬいぐるみとはお顔が違うようだけど、何を隠そう、独身時代に現在の夫と出かけたゲームセンターのUFOキャッチャーで(なぜか得意)私が仕留めた戦利品です。


c0085983_14355934.jpg

特に指定されたものではなかったけど、つくってみた巾着。巾着つくるのなんて小学校以来だ。


c0085983_14361617.jpg

最後に。これがいっちばん苦労させられたお布団カバーです。たたんでしまっているのでわかりませんが、50×20センチの巨大な名前布つき。大きいので縫いづらかったし、スナップ付けも甘く見ていた。入園前日に、夫と二人で夜なべしました(泣)。


というわけで、本当に数十年ぶりのお裁縫は、なかなか楽しく、おもいのほか可愛らしくできあがったので良かったです。
でも夜子供が寝てからしか作業ができなかったのと、眠いのにミシンという問答無用の動きをする機械と格闘しなければならないので、ものすごく疲れました。
これを機にいろいろと作ってみようかな?と一瞬思うも、たぶん、やらないでしょう・・・。

ちなみにできあがった世界にひとつだけのジョージグッズ、息子はたいそう
気に入ってくれ、早速腕にかけて家の中でお買い物ポーズ。
母は徹夜したかいがあったよ。
[PR]
by crystalwise | 2008-03-31 22:51 | 子育て

誕生日ウィーク

さて、2歳になった息子は、誕生日から一週間くらいにわたって、
なぜかちょこちょことお祝いされ続けておりました。

誕生日当日は平日でしたが、夫が有給をとってくれたので、
家族3人でランチをしました。
せっかくだからと息子が産まれるまではたびたび夫婦でおとずれていた
イタリアンレストランに行き、子連れOKか聞いてみたところ大丈夫とのこと。
「この子今日誕生日なんです・・・」と言ってみたら、ランチコースの
デザートをスペシャルバージョンにしてくれました!

c0085983_11285050.jpg


翌日の土曜日は、いつもイベントのときはケーキをお願いしている近所のお店でバースデーケーキを用意し、2本のろうそくをたててお祝い。
昨年はまだよくわかっていなかったであろう一連の手順も、
今年はそれなりに楽しんでいたよう。
真っ暗ななかにゆらめくろうそくの光をみて
「うわあ~」
と小さく叫んでおりました。
そのあと、なぜかたまたま近所にオープンしていたカーマニア専門ショップ(!)で購入した、ドアの開閉ができるミニカーをプレゼントしたところ、
こんなに喜んだおもちゃはないってくらい、それはもう気に入ってくれました。

その後も私の両親や、保育園などなどで誕生日を祝ってもらい、
「今日は特別ね」とかいって普段あんまり食べさせていなかった甘い物を
口にしていたら、「ケーキ」という言葉を覚えてしまいました・・・。
以来、なんか美味しそうな形状のものをめざとく見つけては
「ケーキ!」とすっとんでまいります。

またひとつ大人になったね(笑)。
[PR]
by crystalwise | 2008-03-20 10:24 | 子育て

おおいに悩む

今日はひさびさにすっきりとした気持ちで過ごせた一日でした。
細かな雑事も含めて気を揉むような仕事が一段落したのと、
ずーっとずるずるひいていた風邪がようやく治りそうで、体力も回復中。
たまっていたいろんな家事を片づけてすっきりさっぱりです。

それにしても今週はおおいに悩んでしまったことが。
4月から保育園に通うための入園準備なのですが、
おそれていたほどの量ではなかったものの、やはり手作りグッズが何点かあります。
いや、ものによっては、手作りでなくても、ありあわせのものでも、買ったものでも、外注でもいいんですが、幸い今月はまだ時間があるし、ここはやっぱりハンドメイドで、と気持ちをふるいたたせた私。
ミシンなんて家庭科の授業以来だけど、手仕事は嫌いではないし、
むしろ妥協を許さない性格なので、やるからには納得いくものにしたい。

そんなわけで、ちょうど今通っている保育園のすぐ近くに、大型手芸用品店があるので、ちょっとリサーチのつもりで行ってきました。

売り場には、寸法のメモらしきものを手にした悩めるママたちがあちこちに。
ああ、私だけじゃないのね、となんか安心。
でも困ってしまった。

絶対手づくりしなければならないのは、寸法の指定がある(市販のものでは対応できない)お布団カバーなのですが、お昼寝とはいえ毎日肌にふれるものなので、できれば良い素材がいいなと思うのです。
無印良品のカバーリングなんかだと、「オーガニックコットン」とか、「高密度織」とかあるのでそういうイメージで店員さんに聞いてみたのですが、
いまいち反応が鈍い。
「コットンならなんでも・・・」みたいなお返事。

それよりなにより、入園フェアー的なコーナーに山積みされているのは
めまいがしそうなキャラクターものばかりで、隣り合うキャラどうしが互いに戦いを挑んでいるかのよう。「ポケモン対SHINKANSEN!」みたいな(一応知ってる)。
息子が好きならそれもよいのですが、どうも私の感性にマッチしないのと
そもそも息子も知らないので、キャラものは選択から除外です。
でもそうなると、素材がつくるものに適していて、かつ気に入った柄というのが、なかなかないんですよねぇ・・・。
小一時間ばかりうろうろと悩んだあげく、疲れてしまった私は、
それならいっそ・・・と別の場所に向かいました。

向かった先は、昨年末にオープンした、これまた保育園のすぐ近くにあるマリメッコ直営店。
さっきあまりに気に入るものがなかったので、もうマリメッコにしちゃえ!と半ば開き直ってファブリックのコーナーをみてみたのですが、息子が絶対夢中になるに違いない「BO BOO」という車のモチーフのファブリックが、実物を見たらなかなか良くて。
しかも応対してくれた店員さんは、甥御さんのベビー布団カバーを
これでつくってあげたとか。
これならすごくかわいいカバーになりそう。
でも値段がかわいくない。

・・・もう少し悩んでみようと思います。


c0085983_232043.gif

[PR]
by crystalwise | 2008-03-08 23:06 | 子育て

内定通知

この数日間そわそわしていたのですが、ようやく今日わかりました。
昨年クリスマスに申請した、保育園の選考結果。

近くの公立保育園への入園が内定しました・・・・!
移動中に携帯をみたら、保育園からの留守電が入っていて、
帰宅したら、郵便でも通知がきていました。

うれしい。
ほんとうにうれしい。

申請にあたってはいろいろと苦労したので、
激戦と聞いていたし、もう無理かな・・・とも思っていたので。
春爛漫な気分です。

いま通っている保育園もとてもよいところなのですが、
いかんせん家から電車・徒歩合わせて30分かかる場所にあるというのはちょっとツライ。
4月からは仕事の内容も変わってくるので、
近所に通えるのはやはり助かります。

一番大好きな季節の春ですが、
今年の4月はいよいよ息子がはじめての旅立ちです。
[PR]
by crystalwise | 2008-02-26 21:19 | 子育て

1歳11ヶ月になりました

いつもながら、数日遅れて気づきましたが、息子がとうとう1歳11ヶ月になりました。
もうすぐ2歳!

息子はホワイトデー生まれなので、将来お誕生日のお祝いと、バレンタインのお返しとは、
どのような関係になるのか?とちょっと心配していたりもします。

バレンタインの日には、私はいままであまり(というかほとんど)関わってこなかったのですが、さすがに可愛い息子にはチョコをあげたいなぁという気分になってしまいます。
今はまだ食べれないしね。来年からかしら。
14日の夜、夕食のときに息子が手の甲をしきりに指さしているので
なにかな?と見たら、通っている保育園の先生がどうやらハートマークと
メッセージを書いて下さったよう。
びっくりして、「うわぁ。すごいね。よかったね」とその場では感激していたのですが、
よく考えたら初バレンタインを奪われてしまった!
翌日連絡帳に御礼を書いたら、他のお友達の手にボールペンで絵が描いてあったのをみて、ぼくにも何か書いて、というジェスチャーをしたので、
意味はわからないだろうなと思いながらも描いてみました!という御返事でした。
この先生は、息子についていつもどきどきの素敵なコメントくださる、
夫婦のあいだでの「時の人」なので、あの先生なら許しちゃいます。

というわけで、息子の最近の様子。

・2月に入ってからは、保育園で朝バイバイするときも全然泣かなくなった。
だいぶ慣れてきた様子で、先生やお友達とも少しずつコミュニケーションをはかっているみたい。淡々とおもちゃで遊んでいるのは相変わらずらしく、どんな様子なのかものすごく見てみたい!
・ついに「こだわり」がはっきりとでてきた。
汚れたのでお洗濯しようといつも着ているジャンパーではない、違うコートを着せようとしたら怒る怒る!靴も然り。サイズアウトしたらどうするつもりなのよ・・・。
・まだあんまり語彙は増えてないですが、やりたいこと、してほしいことの表現ははっきり明確。こちらの言っていることもますますちゃんと理解しているよう。
・おもちゃでの遊び方に変化が。保育園に行っているせいかな。
片づけも可笑しいくらいに完璧。ついでにゴミ箱にごみも捨ててる(笑)
・LDKに多目的用においてあるスツールをあちこち移動させてはその上に乗っかって、今まで届かなかったものをさわりまくる。主なターゲットは大好きなみかんだけど、このあいだはロールブラインドのコードに首をかけていたらしい・・・。お願いだからそれだけはやめて。
・とにかく治ったとおもったらまた風邪をひいている。昨年末からずーっと鼻がずるずるいっています。保育園に通うとともに、小児科にも通ってるありさま。
そして、息子の風邪が私と夫に交互にうつり、家族全員でスリリングな日々を過ごしています。
[PR]
by crystalwise | 2008-02-20 12:11 | 子育て

頑張った、そしてまたも発熱

今週は久しぶりの保育園だったにもかかわらず、さい先のよいスタートでした。
そして、残りの2回は、私の仕事の都合で保育時間を延長することに。

2日間とも、結局通常保育時間内の18時まで預かっていただいたのですが、
一日目は、息子への心配と、自分の仕事への心配が互いに膨れあがるなか、
夕方に一度電話をいれてみました。
すると
「延長ですね~。わかりました!(息子はどんな様子ですか?と尋ねると)
えーと(見に行って下さって)、もくもくとブロックで遊んでますね。全然大丈夫みたいですのでご安心下さい!」
とのお返事が。

ものすごく安堵するとともに、「もくもくとブロック」って・・・。
まあ普段家でも、もくもくと一人で遊んでいることがあるのでその姿は
容易に想像がつくのですが、それにしても保育園でそんなふうに
ちゃんと過ごしてくれているとは・・・。
いろんな思いが入り交じって、母は思わず泣きそうになりました。

お迎えは夫にいってもらったのですが、特に大喜びするでもなく、
はにかんで「えへへ」という反応だったとのこと。
その後帰宅した息子は、とてつもなく可愛い生きものに見えて
ぎゅううううとしばらく抱きしめてしまいました。
息子はやはり「えへへへへ」と微笑んでいました。

翌日は私が迎えに行き、やはり、「えへへ」となんだか恥ずかしがる息子とご対面。
この二日間ともほとんど泣きもせずご機嫌にすごしたねと先生方にもいっぱい褒めて頂き、
仕事が終わった夫と合流して喜び合いながら、外食して帰宅したのでした。

でも実は一抹の不安があったのです。
先週通った小児科の先生が、保育園行っているお子さんは週末によく熱をだすんですよ、とおっしゃっていたことが頭にあって。
「今日もよくがんばったねぇ、えらかったねぇ」と息子を寝かしつけて
ついでに自分も寝かしつけてしまって(泣)しばらくたって目覚めると、
息子のおでこが熱い。
やっぱりきたか、そうきてしまったのかと可哀想でなりませんでした。

朝起きて熱をはかると37.5度。
その後小児科受診前の検温では38.4度。
(たぶんこれはお部屋が暑かったせいと思われますが)
夜は38.6度でした。
一応病院ではヨウレンキンとインフルエンザの両方のチェックをしてもらい、
どちらもマイナスだったので、普通の風邪のようですが、
小さい体にいろいろな負荷がかかっているのかと思うと胸が痛みます。

そんなわけで、3週目も発熱とともに週末を迎えています。

私の仕事は・・・
たぶんなんとかなると思います(そう願います)・・・
[PR]
by crystalwise | 2008-01-27 02:04 | 子育て

再チャレンジ

先週は早速かかってしまった病気のため、一度も保育園に行けず。
したがって、本日は息子にとって再チャレンジの日です。

行きの電車のなかではいつもと同じ様子で、ママと電車でお出かけ~とでも
思っているようでした。
まあずっと家にいたので久しぶりの外は当然嬉しかったのだと思います。
でも、保育園のあるビルのエレベーターのなかで、
「保育園いくよー」と声をかけたとたんにやはり号泣。
泣き声とともに扉が開き、先生がホールまで出迎えて下さいました。

「先週はまるまるお休みしてしまいましたが、またよろしくお願いします」
といって息子を引き渡すと、先生に抱っこされながら、顔をくしゃくしゃにしながら、息子は手を振ってくれました。

今日はけっこう仕事がはかどり、気づいたらお迎えの時間になっていました。
少し早めでしたが迎えにいってみると、ややあって、先生に抱っこされた息子登場。
今度は、私の顔をみたとたん、ものすごい笑顔をくれました。でも泣くことはせず。
ん?これはひょっとして?

「今日は久しぶりだったのにだいぶ慣れた様子でした。お昼もほとんど全部食べたんですよ」と先生のありがたいお言葉!

やるじゃないか。

1週間のお休みが吉とでるか凶とでるかどきどきわくわくしてましたが、
さすがにたっぷり甘えて、家にいるのも退屈してきたころ
ちょうど良かったのかもしれません。

ちなみに帰りに念のため小児科を受診したところ、今回の長引いた症状は
どうやら「突発性発疹プラス風邪」のせいということでした。
突発やってなかったので、こちらも良かった。

明日はどうなるでしょうか。このまま軌道にのってくれるといいな。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-21 23:30 | 子育て

1歳10ヶ月になりました

c0085983_1535583.jpg

風邪ひいて、親も不調で、すっかり忘れていましたが、
またまた気がつけば1歳10ヶ月になっていました。
2歳までもうあと少し。

歩けるようになるとやはり一人前のヒトらしくなってくるけれど、お話しできるようになったらもっと面白いんだろうなぁ。

息子はいまのところ、出てくる言葉はまだそんなには多くなくて、
単語のみなので、お話しできるまでにはまだしばらくかかりそうです。

でもこちらのいうことを、ちょっと難しいかな?と思う内容でも
けっこうわかっていてその通り行動するので、不思議。

今朝は、クリスマスに買ってあげたボーネルンドのフルーツセットの箱から
果物がはいっていたダンボールのパッケージ?を取り出したくて(なぜか本体よりこちらのほうがすき)、うーうーうなっていた。
リビングのはしっこにいたので、キッチンの奥にいたわたしが
「ママんとこもっておいで!開けてあげるから」と声をかけると
箱ごともちあげてやって来たよ。
あれ?これって普通なのかな・・・。

そんなこんなで順調に成長していっていると思われます。
この間の動きは下記の通り。

・保育園デビューやら風邪などが重なったせいか、ちょっとでも私もしくは夫がはなれると大泣き。
・嫌なことがあると地団駄をふむ。もしくは両手を激しくたたく。
・まるくてフタのついたもの(アイスとか)はすごく美味しいらしいとわかってしまった。
・お気に入りのぬいぐるみのジョージ(さる)やテッサ(カンガルー)を使ってごっこ遊びをするのが大好き。

実はお正月休み中に夫がずっと毎日いたせいか(そしてそれまでの何週間かは仕事が超多忙で平日はほとんど会えなかった)、パパ大好き!ママいらない!という状態が続いていました。
ほんとうにママには無関心なのです。ごはんを食べさせている夫がちょっと他のことをしなければならないとき、代わりに私が、と食器を移動させると、自分でそれをパパの方に押し返したりして・・・。
いや、けっこう本気で悲しかったです。
ところが、お休みが明けて、保育園で強制的に一人にさせられた結果、お迎えにきてくれるママに今度はべったり。
ちょっと反則気味な気もしますが、めでたく関係改善がなされました。
一体なんだったのでしょう・・・。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-20 15:40 | 子育て

さっそくの洗礼

新しい年の幕開けとともに、週3日からの保育園生活がはじまったわが息子。

初日はずっと泣いていてご飯も食べなかったようでしたが、2日目はお別れのときに泣いたものの、その後すぐのお散歩でご機嫌になり、お昼ご飯もまあまあ食べ、少しずつ慣れてきているようですとのことでした。

3日目は、「保育園にいく=ママと離れる」をもうしっかり学習したようで、行きの電車のなかで大暴れ!電車ではいつもものすごーくおとなしいのに、必死で息子をなだめつつ、周囲の人たちの顔が見れなかった母でした・・。
保育園ではやはりお散歩は大好き。でもご飯はあまり食べず・・・とのこと。
お迎え時は泣いてはいなくて、今週はがんばったねぇと抱っこして褒めちぎりながら、家路についたのでした。

家につくと、うちの近所の畑でたき火をしていたせいで(住宅街の真ん中なんですが)、家中が煙りくさくて大変なことに。24時間換気システムというのはやはりくせものですね。
ノドが弱い私はもちろん、息子もひどい咳をしはじめてそれはそれは可哀想でした。
そしてそのまま咳がとまらず、夜中に発熱・・・。

翌日小児科を受診すると、ノドが真っ赤にはれあがっているとのことで、
「のどかぜでしょう」との診断。
煙との関連はあるかもしれないとのことですが、保育園いきはじめのお子さんは、週末になると熱をだしたりするんですよ、とも。
さっそく、保育園の洗礼を受けてしまいました。

1日目 小児科受診。ほんとうに咳がひどくてかなりつらそう。
     熱はそれほど高くない。お昼過ぎに両方の手のひらに発疹を見つける。

2日目 ぐったりしてほぼ一日中寝る。鼻水がではじめる。熱は37度台。お風呂なし。

3日目 起きているときは多少元気な様子だけど、うとうとしはじめるとぐったりと力ない
     感じ。鼻水が次から次へと。夕方以降38.6度の熱。

4日目 小児科受診。鼻水をとめるお薬をだしてもらう。保育園お休み。夜に39度の熱。
     お風呂なし。

5日目 ようやく夕方以降も熱があがらなくなる。手のひらの発疹は消えず。

6日目 小児科受診。抗生物質も処方される。咳のしすぎで目の下が真っ赤になっている
     のだと教えてもらう。保育園はお休み。だいぶ元気な様子ながら、目がうつろ。
     手のひらの発疹は消えず。

7日目 大事をとって保育園お休み。耳鼻科受診。鼻水を吸い取ってもらう。              発疹はかなり消えてきた。普段通りに遊ぶように。

8日目 お顔の感じはほぼ元通り。すっかり元気だが、まだ声がおかしい。

たぶん風邪をひいたのはこれで2度目になるけれど、今回は咳がひどくて、かつ手のひらに謎の発疹があらわれたのが特徴。お医者さんはいろんな可能性が考えられるが感染症ではないとのことだった。
水分はよくとっていて、食事は気が向けばわりあいに食べる、うんちもほぼ毎日していた。

それにしても病気のときの子どもは見ていてほんとうにつらい。
そして、ぴったりとくっついて離れないので、咳やくしゃみを浴び続けた結果、
夫婦揃って見事にうつってしまいました。

さらに通い始めたばかりの保育園は今週は全部お休み。当然私の仕事はしばらく中断せざるをえず・・・。
この1月だけ、ひとつきが勝負で預け始めたけれど、普通最初の1ヶ月は病気などで大変と聞くのでリスクは覚悟していましたが、やっぱり大変なんだと実感しました。
でもなんといっても、慣れない場所に一生懸命通って頑張った息子がけなげです。
 (写真は発熱5日目の息子。元気がなくてちいさい。)

c0085983_14221831.jpg


というわけで、ようやく手にした週末のお仕事タイムです。
私は風邪薬をがんがんのんで、厚着をして、のど飴なめながら必死にパソコンに向かっています。
夫は、もんたよしのりばりのしわがれ声でシャウトしながら遊んでる息子を、鼻づまり声でなだめながら世話しています。
そして、時々仕事部屋に息子が「ばぁ」って遊びにきてくれます・・・。

来週からはまた保育園がんばろうね。
というかがんばらなくていい。少しずつ楽しめるようになってくれたらいいのよ。
[PR]
by crystalwise | 2008-01-19 19:46 | 子育て