カテゴリ:未分類( 4 )

初・美容室

4月からの保育園生活に備えて、息子の髪を切らなきゃなぁと思っていましたが、これまで家でカットしてきたものの、動くし、いっぺんに出来ないしでもう限界かな、と。
息子は産まれたときから髪の毛ふさふさですぐにのびるので、ちょっと切らないでいると、夏は汗をかいたりして暑そう。
でも男の子のカットは全体を切るので、けっこう難しいんですよね。

そこで、この機会に美容室デビューすることにしました!

近所のお店に、夫婦でカットしてもらっている可愛いスタイリストさんがいるので、彼女にお願いすることに。

予約をして、何があっても対応できるようにお気に入りの車のおもちゃとお菓子を持参して、親子3人で美容室に到着。
まずイスに座らせてみて、ダメなようだったら親が抱っこしてカットということになりました。
初めて見たけれど、子供用にイスのアームにまたがらせてつけるベンチのようなものがありまして。
息子は一人で座っても案外平気そうだったのでそのままカット開始となりました。

c0085983_9444916.jpg


てるてる坊主にされてちょっと泣いてみる息子。
このケープ?がこわくてみんな泣くらしい。

次々と繰り広げられるハサミの動きをものともせず、息子殿はそのままじっとしている。おもちゃもお菓子も全然必要ありませんでした・・・。
ちなみにオーダーしたのは、前髪にクセがあるので自然にななめに流れるようにということと、とにかく短く!ということ。
幼児だけれど、髪を切るのには変わりなく、大人とおんなじ手順だったのには感心してしまった(あたりまえか)。

カット終了後、母のリクエストにより、シャンプー台で髪を流してもらうことに。
(だって細かい毛がちくちくしたらやだもんね)
でも、これも2歳なりたて時では普通やらないとのことでした。
息子はびっくりして泣いたけど、途中でお風呂で髪を洗ってもらっている時と
同じ体勢だと気づいたみたい?

そして、出来上がりはこんなかんじです。

c0085983_9521170.jpg


なんかいっちょまえで可笑しい。
カットしたてのパパのちっちゃいのみたいだ。

急にお兄ちゃんらしくなって入園準備も着々とすすんでおります。
[PR]
by crystalwise | 2008-03-30 23:28

2歳になりました

我が家の息子もとうとう2歳の日を迎えました。
1歳の誕生日はもちろん感慨深かったのですが、
2歳というのも改めて感慨深い・・・。
「あかちゃん」から「幼児」になっていく過程で
どんどんいっちょまえの人間らしくなっていく息子の姿が頼もしいです。

1月、2月はせかせかと忙しく、息子とじっくりふれ合う時間がなかなかとれなかったので、
3月はなるべくそういう時間をとれるようにがんばってみました。
4月から保育園に通うようになれば、平日に二人で公園をお散歩したり、
街にお出かけしたりということはもうないんだな・・・と思うと無性にさびしい気もします。

外ではだいぶしっかりと長時間歩けるように。
息子はベビーカーが好きなので、基本的にでかけるときはまだ乗せているのですが、
近所であれば徒歩でももう大丈夫なのかも知れません。

おもちゃ遊びでは、積木の使い方が複雑になってきていてびっくり!
保育園では毎日もくもくとブロックなどで遊んでいるというのでそのせいかな。
積み上げた一番うえの積木を押さえながら回転させて、螺旋階段のような形にしてみたり、横一列に長く並べて、端っこの積木を押しながら部屋中をすべらせてみたり、見ているこちらも楽しいです。

それから、長い間ちょっとした悩みだった絵本についても、
いつのまにか成長していました。
私はほんとうに本を読むのが好きな子供だったので、いつか自分の子供にも寝る前に本を読んであげるのをそれは楽しみにしていたのです。
ところが、息子は1歳をすぎても、じっとお話しを聞く、とはほど遠い反応。
読んであげても勝手にページをめくってしまうし、好きなもの(車、果物系)がのっている箇所をずーっと見つめて叫んでいる。
この頃はみんなそんなものですよ、と保育園の先生に言われて、
心配することではないものの、ちょっぴり残念。
ところが、大好きなジョージの絵本を買って上げたら、しかもこれが結構物語が長いのだけど、私が読み始めるとすっとんできて、横にちょこんと座り、シンケンな顔で絵本に見入っている。
うわーおもしろーいと思いながら、母としてはとっても楽しく嬉しかったです。
(それにしてもジョージは袋を頭からかぶせられてアフリカから連れてこられたのか・・・)
[PR]
by crystalwise | 2008-03-14 09:44

はじめての誕生日

では、まず本人から一言。

「@pめ bbbbbbbbbbbf;lknmjbロセロknj;         lk/;っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ   m・;っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっm・、。」
 
わたしがパソコンのキーボードをたたいているのをいつも見ているせいか、
最近はハイローチェアのネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネネ(きゃーーーー)
うえでも、その真似をよくしている息子どの。

パソコンさわりたくて大暴れなので、またあとで。


c0085983_15115589.jpg



ということで、一歳になりました。
あっという間だった気もするし、それなりに濃密な時間が経過したという気もするし。

あたらしい命が育まれたことのものすごさと
自分が母親になったことに、いまだに驚いている毎日です。
とにかく、人間が誕生してからの一年間は、
ほんとうにものすごい変化を経験するんですね。
本人も、まわりも。
これから、歩き出して、言葉がでてくるようになって・・・と
楽しいことが次々と待ち受けています。
すべてに感謝して、息子との日々を大事に
すごしていきたいと思っています。
[PR]
by crystalwise | 2007-03-14 10:14

親の試練

いつその時がくるのか戦々恐々としていたけれど、
ついに、息子がはじめて病気にかかった。
手や足、顔の一部に赤い小さな発疹がひろがり、夜は寝かせると今までにない泣き方でぐずる。
そして、朝になって、これまでほとんど吐いたことがなかった母乳を、つづけて何度も吐き戻した。
その様子はみていて本当に痛々しい。でも熱はそれほど高くないみたい。

先週から透明な鼻水がずっとでていて、鼻水を吸ってもらいにいった耳鼻科では「風邪でもなく軽い鼻炎」といわれていたのだが、どうにもこうにもいつもと様子が違うので、昨日小児科に連れて行った。診断の結果は、断定的なことはいえない状況とのこと。
前日にはじめて食べたパンがゆが原因かもしれないし、風邪の症状かもしれない。
とにかく発疹をおさえるための薬を処方してもらい、帰宅する。

甘い粉薬を湯冷ましでといてスプーンで飲ませる。
普段母乳以外の液体を喜んで飲まないのに、おとなしくごっくんする。
そして薬の副作用なのか、全く笑うことなく、どんよりとした目でこちらを見つめる。
抱っこしてもすぐあちこちに手をのばしたり、身をよじったり、周囲に笑いかけたりと好奇心旺盛な息子が、こんなにも弱々しくおとなしくなるなんて!
ベッドに横たわらせて頭をなでながら手をにぎらせていたら、疲れた顔でうとうとして、そのまま寝入ってしまった。こんなことははじめて。

そして。
夫婦ともども寝たり起きたりの夜をすごし、わたしはふらふらで仕事にでかけ、夫は息子をお腹のうえにのせて眠らせた。

夕方になって、笑顔がもどる。体も動かしている。
よかった・・・・!
夜になり、だんだん調子を取り戻してきた息子をみて、夫が思わず涙ぐんだ。

はじめての病気は親の試練だ。
でもこの先もっと大変なことがあるかもしれないんだよね。

とりあえずは一安心だけど、今度は仕事上大変なことがふりかかった。
あーどうしようー。どうすればいいんだ私!
とりあえず寝よう。親子3人で寝よう。
[PR]
by crystalwise | 2006-11-30 23:22