新しい年、あらたな経験

新しい年になりました。
年末は気分もあわただしく、実際ものすごく忙しかったけれど、
不思議なもので、年が明けるとすがすがしくリセットされた気持ちになる。
今日でお正月休みも終わって、明日から夫は出社です。

そして社会にでていくのは夫だけではない。
なんと息子も明日から保育園デビュー!

私は、「書く」ということを仕事にしているけれど、
書くためには、読んだり、聞いたり、調べたり、出かけていったり、出会ったり、話したりと、
いろいろな作業が伴います。
幸いにも勤務先はありつつ、フレキシブルな対応をしてくれて、
結局のところ自宅の仕事場が一番重要な作業をするところでもあるので、
これまでは何とか育児をしながら無理矢理やってきた。
でも息子が歩けるようになって、外遊びなどで相当疲れさせないとなかなか
寝ないようになると、このスタイルにもいよいよ限界がみえてきた。

いままでピンチの時にはたよってきた両親にとっても、時間的・体力的にやはり限界があるし、息子は同じ年頃の子供たちやいろいろな場所で遊びたがっているようなので、いよいよ
4月からの保育園入園を目標に、書類の準備や作成にかなりのエネルギーを費やして、
クリスマスの日に申請。

しかーし!
なんと1月には仕事の締め切りがふたつ重なっている!
4月からっていうより、1月をどう乗り切るかが大問題ということで、
12月最後の週は、保育園探しに奔走したのでした。
結局近所で探せたのは、昨年オープンしたばかりの東京都認証保育園ひとつ。
そこもすでに定員いっぱいぎりぎりで、一時保育としてなら預かれるけれど、見学した翌日中に返事をしないともう無理という状況だった。
今まで家族以外には預けられることのなかった息子が、いきなり9時-5時はきついだろうし、私にもそんな心の準備はなく。
とりあえず、いきなり毎日ということではなくて、仕事が一番はかどる午後以降に数時間預かってもらえれば・・・と考えていた希望が、むしろ難しいものであることが判明したのでした。

そこで視点を変えて、息子にとって楽しそうなプレイルームのような託児所ということで探してみたら、ありました!
しかも通勤途中で、家族でも頻繁に遊びにいく街に。
ここは一応決まったスケジュールで預けることになっているけれど、相談してみたらいろいろと対応していただけるようで、安心しました。

というわけで、明日は見学をかねて、行ってきます。
どうなるかな?
c0085983_14263366.jpg

[PR]
by crystalwise | 2008-01-06 23:27 | 子育て
<< 涙の試練 1歳9ヶ月になりました、そして... >>