なんともいえずに嬉しい出来事

子供が成長するって、なんともいえずに嬉しい出来事が
たくさんあるということ。

たとえば、「ママ」って呼ばれたとき。
「ママ」。
「ママ」!
「ママ」~!(きゃーーーーーー)
ああ、なんという幸せ。
息子にとってわたしは、唯一無二の存在である「ママ」。
はじめてお腹のなかで5ミリほどの我が子と対面してから、
こんなに成長したのね・・・。

たとえば、いつのまにか、木琴をひとつずつたたいてちゃんと音をだしているとき。
はじめは力まかせにたたいていたのに、ぽろろろろんと
かわいらしい音を奏でている。
なんとなくちゃんとメロディーになってるよ。

たとえば、洗濯物を干しているときに、ハンガーを拾って「ん!」と渡してくれるとき。
すごいね。えらいね。もうお手伝いしてくれてるんだよね。
洗濯ネットを床におくと、ちゃんと一つずつ拾って洗濯かごにいれてくれるし。
まだまだ言葉は話せないけれど、ちゃんとコミュニケーションが成立してる。

そしてそして・・・。
最近の息子の大好きなことが「かくれんぼ」。
家具のかげに隠れても、エプロンで顔を隠しても、
わたしの顔がみえた瞬間、ぱぁっと満面の笑みを浮かべてくれる。

子育てはもちろん大変なことばかりではない。
こんな素敵な出来事がいっぱい待ってます。
[PR]
by crystalwise | 2007-07-19 17:22 | 子育て
<< 1才5ヶ月 1歳3ヶ月そして4ヶ月になりました >>