大人への階段

この週末は、息子にとって、大きな成長の証となりました。

予定していたおっぱいサヨナラの日は土曜日。
したがって、おっぱいをはぐはぐ飲みながら夜眠りにつけるのは金曜日が最後。
ちょうど夫が会社の飲み会で帰宅が遅かったこともあり、
一日中母子二人で、久しぶりにべったり過ごしました。

お風呂のなかで、「(もう最後だから)あとでたくさん飲むんだよー」といったら、
なんだか泣けてきてしまって、必至に笑ってみたのですが、
息子はそれを察知したのか、さみしそうな、ちょっと切なそうな顔をして、
しがみついてきました。(うわーん)

そのあとお風呂からあがって、いつものように身支度をし、
いつものようにベッドに腰掛けて息子を膝のうえに座らせて
ゆっくりゆっくり(夜)最後のおっぱいを飲ませました。
ほんとうにゆっくり、たくさん飲んだよね。
満足した息子は、そのままぐずることもなく静かに眠りにつきました。

・・・ところが。
帰宅した夫が具合が悪いとのこと。
その日の朝、起きてみたら夫婦ふたりで風邪気味っぽかったのですが、
夫の症状はかなりひどかったそう。
週末に設定したのは、家族みんなで乗り切ろうということだったので、
頼みの夫がこの様子では、相当ツライ、
かつ、私も週末に片づけなくてはならない仕事がいくつかあったので、
急に不安になってしまいました。

翌朝起床してまだ夫の容態は悪く。
急遽相談して、一週間の延期を決めました。
二人のあいだで寝ていた息子が起き出したので、
「あのね、パパとママ、ちょっと元気がないから、もう少しおっぱい飲もうね」
といったら、
ぱあっと顔を輝かせて笑うではないですか!
やっぱりちゃんとわかってたのかな~。
土曜日一日中、彼はるんるんでした。
しかも、危うくもう飲めなくなるところだったという危機感からか
飲む飲む!
飲み始めるとわりとすぐにやめるんだけれど、おっぱいがちゃんとあるかどうか確認してるみたいでした。

そんなわけで、私の気持ちの整理も、今度こそちゃんとつけられそうです。

そうそう、金曜日の夕方、夕食のしたくをしていてふと振り向いたら、
ロフトのはしごを2段ばかりのぼっていた息子。
おおおおお!
「きゃー」といって慌てて下ろしたけれど、味をしめたもよう。
しまいには、4段くらいまであがれることが判明しました。
危ないので、今は他の家具でロックしてあります。

そして、日曜日。
パパと遊んでいる最中に、とにかく最近は両手をあげて嬉しそうにたっちをするのですが、その状態からパパのほうへ1歩、2歩とあるいた!!!(そして倒れ込んだ)
いやーこの瞬間をまっていたよ。
パパによれば土曜日にもやっていたそうですが。

着実に大人への階段をのぼっている我が子です。
[PR]
by crystalwise | 2007-05-28 05:06 | 子育て
<< 母と子の試練 1歳2ヶ月 >>