ひとりあそび



c0085983_0544875.gif

息子は最近、ながいあいだひとりあそびをするようになった。
あまりおもちゃをたくさん買っていないのと、そろそろ手先を使うものがあってもいいかと思って、BRIOのsorting boxというのを購入。

丸・三角・四角の積木6つと黒い穴あきのボックスがセットになっている。
同じかたちの穴に積木をいれて落とし、底板をスライドさせればまた積木がとりだせるようになっている、というもの。

おととい、どうぞって差し出してみたら、やはり新しいおもちゃなので、わっと飛びついた。
でも、おなじかたちの穴に積木をはめるのは、まだ難しいみたい。
しばらく試みて、いつものように積木をなめなめしだした。
それから二日。

今日の夕方、遊んでいるところを観察してみたら、
底板をいれたりだしたり、箱をぶんぶんしたり、
箱をひっくりかえして、積木を投げ込んだり、取り出したり。
積木どうしを両手にもってこんこん音をだしたり。

それはそれは、いろんなことをやっているのです。

こちらがイメージしていた遊び方はまだできないけれど
ほんとに子どもってすごいなぁ。

このあいだはじめて「子ども広場」にでかけてみたら
いわゆる電子音のなるおもちゃがああった。
はじめて触ったので息子は釘付けになっていたけれど、
ああいうのってすぐに飽きないのかな?とおもう。
個人的には、機械的な反応がちょっと恐いかんじもあって。

やっぱり、色がきれいで、あたたかみがあって、シンプルなおもちゃがいいな。

ただ、私自身、いわゆるキャラクターもので欲しかったおもちゃも
あったので、本人が欲しがるようになったら、相談して買ってあげたい。

それにしても、楽しそうに遊んでいるのをみるのは楽しいです。
[PR]
by crystalwise | 2007-03-26 01:25 | 子育て
<< 1歳1ヶ月 1歳 >>